筍煮

 

頂き物のたけのこは、ありがた〜い下茹でまでして下さったものでした。

大きさも程よく、見るからに柔らかい穂先の部分が沢山でもったないほど・・・

 

「たけのこ」ってここまでが大変なのよ〜。

何といってもゴミが大量に出るし、とにかく堀立てを茹でるのが一番!(これが難しい)

 

そこまでして下さって頂いたものですから、おいしいうちに即調理しました。

 

---------------------------------------------------------------------

 

さあ!今夜はたけのこを使って晩ご飯〜。(わーい!)

以下スムーズに準備しますよ〜。

 

まずはお米を洗って水につけます。(水は通常より1メモリくらい少なく)

 

筍煮

 

次に煮物用の出汁をとって、たけのこをざくざく切って煮物を作ります。

はい、出来上がり。

 

筍煮

 

木の芽のお心遣いもうれし!

----------------------------------------------------------------------------------

 

引き続きたけのこご飯を作ります。

うちは鍋で10分ほどでお米を炊くので、炊き込みご飯はしません。

具材とお米の炊きあがりのバランスがうまくいかないことがあり、

それからは具を炊いてあとで混ぜご飯にしています。

 

作り方はかんた〜ん!(なのに説明がやたら長い)

 

筍ごはんの具材

 

鍋、又はフライパンに刻んだお揚げとたけのこを入れ、

サラダ油をさっと絡めて火をつけ、先ほどの煮物の汁を拝借して投入!

 

そこへ薄口醤油や出汁醤油をプラスして濃い目の味付けで煮詰めます。

味をみて、みりんもちょろり。

 

筍ごはん

 

炊きあがった状態の調味液はごくわずかで、煮物より味は濃い仕上がりです。

ご飯に混ぜて味見をして物足りなかったら味塩などで整えましょう。

でも味の濃すぎる混ぜご飯はアウトですよ。(笑)

 

この画像は薄く見えるけど、実際はうっすらご飯に色がつくくらいです。

何よりたけのこの風味を重視したいので醤油色が濃くてはいけません。

 

筍ごはん

 

今回の場合はたけのこメインなので、その他の具材はお揚げだけ。

混ぜご飯って、油分も大切な調味料なのです。

サラダ油も?って思うかもしれませんが、

こうすることで仕上がりの混ぜご飯がパラリふっくら〜。

 

それからこれも重要!!

お米の水加減は通常より少なくして固めのご飯の炊きあがりにします。

でないと、具材を混ぜたときにべちゃべちゃの仕上がりになります。

 

水を減らしたご飯をガスで炊く場合は早く水分がなくなるので焦げない様に

注意も必要です。(慣れたらなんてことはないですが)

 

筍ごはん

 

こちらもおいしい出来栄えになりました。

 

筍とわかめの味噌汁

 

さて、もう1品はわかめとたけのこのお味噌汁です。

シンプルにうま〜い!

 

若鶏の唐揚げ

 

メインはたけのこだったので、副菜は?

あっ、とりの唐揚げ。あれ?副菜って変?(笑)

 

急遽のメニューでしたが、私の隣で唐揚げを手際よく揚げてくれる

助手?・・・ああ師匠と言っておきましょう〜。(笑)

あっという間の晩ご飯完成です。

 

金時豆

 

箸休めには先週炊いておいた金時豆も相性よし!でした。

 

 

掘り立ての湯がいた「たけのこ」・・・

これぞ旬の贅沢!

届けて下さった方に感謝しながらおいしくいただきました。

本当にごちそうさまでした。

 

 

 

 

 

 

  • -
  • 12:32
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM