何といっても後片付けが簡単なまま、お魚が食べられるところが◎

 

タラや秋鮭が出回る頃に時々作るよ。

 

大きいと思うくらいのアルミホイルの上に、サラダ油(オリーブオイル)を

薄く塗り、薄く輪切りにした玉ねぎを少し敷いたら魚をのせるよ。

この時気を付けるのは、初めから甘塩のまま売ってる魚は塩をしないこと。

(生魚の切り身なら塩コショウをしましょう。)

 

 

この上にどんどん野菜ときのこ類など山盛りに乗せるよ。

乗せにくい場合は、先にボールで野菜やキノコ類に軽く塩コショウとサラダ油など

混ぜてから乗せてもいいよ。

 

この時はたっぷりの玉ねぎとエノキ、玉ねぎが少し寂しかったので

冷蔵庫にあった小松菜も少しだけのせたよ。

 

白ワインがあれば軽く振って、なければ酒少々。

野菜部分に軽く塩コショウして、バターがあれば尚良いね。

 

 

おくるみ状態にして、空のフライパンに乗せて蓋をしたら中火にかけます。

蒸気が出てきたら弱火にして5分〜10分程度。

あまり蒸気が出てこなくなったら火を止めて数分放置。

 

はい!出来上がり〜

 

野菜がしんなりした方が美味!

てか、野菜とキノコがおいしいの。(笑)

 

フライパンからお皿に移す時は、アルミホイルの両端を持って火傷しないようにね。

その為にも包むときは両端がつまめるようにクルクルっと耳を作っておくと便利。

 

 

出来上がりのお写真なくてごめんよ〜

冷めないうちにおいしく食べてしまったわ。

 

食後はこんな風に魚の骨を包んだらお皿の汚れも少ないし、

(但しアルミホイルを破らないで食べてネ)

フライパンもギトギトに汚れることもないストレスフリー。

 

以前の記事もご参考にどうぞ!


紅鮭はごはんがおいしく食べられるけど、北海道産の紅鮭はお値段もやや高め。
メインのおかずにはならないけど、時々食べたくなるね。

それが銀鮭だと、一切れのお値段は安い!
これは甘塩で売っていることが多いかな。

うちはちょっと一品おかずが足りない時に焼くことがあります。
その為、買った時に振り塩をしておきます。

バットに塩を振って鮭を並べ、上からも塩をしておいて2日ほどしてから
グリルで焼きます。

塩をすることにより水分が抜けて生臭さが緩和され、
ごはんのおかずに合うくらいの塩辛さになります。


脂が出て皮がうっすら焦げるくらい焼くといいね。

今のキッチンはグリルがないから魚が焼けないでしょうけど、
今後、頭の隅に置いといてね。


焼き鮭、セロリで作った炒め煮ふりかけ、昆布などをご飯にのせて。質素どんぶり?(笑)


あとは粕味噌汁と卵焼き。
お昼ご飯ならこれで十分〜

体中があったまるー!



秋鯖の煮付け

あー、ちょっと画像が何もないので以前撮っておいた鯖の生姜煮でご勘弁を!

多分作らないでしょうけど、たまには魚も摂取したいね。

魚料理をしたあとは、まな板も食器もグリルもまず水で洗おうね。
もちろん、こんなふうにタレが付いているものも、魚の脂がついた焼き魚も。

脂がつくとお湯で洗いたくなるけど、魚料理は生臭くなります。
今時は食器洗剤も優秀なので、後片付けの時はキッチンペーパーで拭ってから
水洗い、洗剤の順で。

ちょっと頭の隅に置いといてね。








 

 先日鮭を買ったのでムニエルにしたという娘ちゃん。
「カリッと焼けて塩焼きみたいになってしもたー。」と画像を送ってきてくれた。
確かに・・・

小麦粉もつけて蓋もしたのにイメージ通りいかなかったらしい。


ムニエルは、焼くときに少し白ワインを振って焼くとフンワリするよ。
多分ワインなんてないでしょうから料理酒でもお水でも、裏返して蓋をする前に
大さじ一杯程度入れるとよい。

それからバターだけでなく、サラダ油とバター半々くらいの方がくどくならなくて◎かな。
オリーブオイルもよいね。

その時、レンチンした野菜なども最後にフライパンに入れると野菜もとれて◎です。

もうひとつ!
甘塩の鮭を使う場合は、塩気があるからコショウだけにして、
生の鮭の場合は塩コショウしてから調理しよう。
買い物をするとき、塩がしてあるか気をつけて!思わぬ塩辛い料理になるので注意して。


さて、前置きが長くなりましたが鮭のホイル焼きです。
ホイル焼きのいいところは鍋があまり汚れない。(笑)
洗い物が簡単!

----------------------------------------------------------
秋鮭や銀鮭、サーモンなど。タラでもよい。一切れ。
(紅鮭は塩鮭なので不向きです。普通に焼いたりおにぎり用にしてね)
玉ねぎ 小半分くらい
あればえのき等、(根っこを落として長いまま多めに)他きのこ類

塩コショウ(甘塩がしてある時は軽く塩コショウ)
バター
白ワインか料理酒

包む為のアルミホイル
------------------------------------------------------------

まず、アルミホイルを30cmくらいにカットする。
サラダ油を薄く引いて、魚を一切れ中央にのせて軽く塩コショウする。
甘塩してある時はコショウだけでもよい。

玉ねぎ半分は繊維に垂直に薄めにスライスして、その魚の上に多めにパラパラのせる。
えのきなどは、ショボショボになるのでこんもりのせよう!
(えのきにサラダ油をまぶしておくといいよ。)

えのきの上にも少しだけ塩コショウする。
その上にちぎったバターを三箇所くらい。

あ〜、なんだかバラバラして上手く包めるか心配になってきたね。
あわてない!

少しアルミホイルの端を持ち上げて、全体に白ワインか料理酒を大さじ一杯程度
振りかけよう。

さあ!ここから包むよ!

まず上と下を中央に寄せて織り込むように。
両端もそれぞれ折りたたむように。

とにかく破れないように、密封した状態になればOK。

はい!ここから焼きます。
油は必要ないよ。

そのままフライパンに入れて蓋をして中火くらいにして加熱します。
ガラスの蓋だと便利。

しばらくすると蒸気がくもっていい匂いがしてきたよ〜。
これ以降は火加減を見ながら五分くらい加熱します。

これで出来上がり!
アルミホイルごとお皿に盛りつけよう。

食べる際にアルミ箔を開けるときはやけどをしないように気を付けよう。
お好みでお醤油やレモンを搾って食べると尚美味しい。

レモンはフレッシュなものがベストだけど、使い切れない場合は卓上用を買って
冷蔵保存してね。


魚料理は臭いもするし後片付けも億劫ですが、これだととても簡単!
ひとり暮らしはお魚敬遠しがちですが、たまには魚も食べようね。







1

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM