シャキシャキ野菜に緑豆春雨を入れて中華風のサラダにしてみたよ。

余りものをかき集めて中身はいろいろ。

ツルツル♪〜シャキシャキ♪と食感楽しく。

 

こういう場合は形を揃えておくのもポイントかな。

春雨は袋の裏の説明に従って熱湯で茹で戻し、レタスはちぎらずに7ミリ程度に千切り

人参も細く切って春雨と一緒に軽く茹でておく。

(茹で上がり食感をイメージして同時又は時間差で湯に投入)

 

きゅうりは斜め切りして細くするとしんなり。細い短冊切りだとシャキシャキ。

ハム又はカニかまぼこなどもあれば細切りに。

 

野菜を繊維通りに切るか繊維を斜めに切るかで食感が変わることを考えてみてね。

 

和えるドレッシングはお好みで。

今回はめんつゆ等に砂糖、酢、ごま油、ラー油少々でピリ辛中華味にしたよ。

和え物サラダなのでやや濃いめのドレッシグにすると和えた時に丁度の味になるよ。

 

先に春雨を和えて、食べる直前に野菜を混ぜるのもポイント。

水っぽくならないしね。

 

単純な副菜だけど、野菜の切り方、ドレッシングの濃さ、混ぜるタイミング。

ポイント押さえておいしく作ってね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たらこマヨネーズはアスパラガスに付けて食べたいんだけど、

今回は頂きもののきゅうりが沢山あったのでスティックにしたきゅうりで!

 

マヨネーズにたらこを入れるだけだから、かんたん〜!

 

この時はたらこパスタを作ったので、少し余った たらこをマヨネーズと混ぜておいたよ。

もちろん、この日は食べない・・・

 

え!そうなん〜

 

そうなんです!

 

2日ほど経つと熟成した たらこマヨネーズになっておいしくなるよ。

 

混ぜてすぐ食べてもマヨネーズが強すぎてたらこの味がしないけど、

少し時間を置くと少量のたらこや明太子を混ぜただけで熟成した変わりマヨネーズの

出来上がり!

 

1週間くらいは美味しく食べられるよ!

ついでがあれば作ってみてね。

 

 

 

 

この冬は野菜が高いねー!

手が出ない・・・外食した方がいい?

うん、それもあり。

ま、当然作った方が節約にはなるね。

 

気休めに野菜ジュースで栄養補給するってのもあるけど

やっぱり食べた気がしないかー。

 

-------------------------------------

 

野菜食べたいな〜って時に最近よく作るキャベツのサラダに、

時々ポテトチップスを混ぜることがあるの。

 

ざっと洗ったキャベツは水気をよく切って、ザクザク千切りする。

あまり細くし過ぎず、やや幅広でも大丈夫。水にさらさなくてもOK〜

 

そこへマヨネーズたっぷり、酢、砂糖、塩コショウを少々入れてよく混ぜる。

あれば黒コショウも入れて、食べる直前に手で砕いたポテトチップスを

好みで和える。

 

たったこれだけで、味気ないコールスローサラダが

にっこりコールスローサラダに変身!

 

その時々で他の野菜を混ぜたり、ツナを少し入れたり薄焼き卵や茹で卵を入れたりしても◎

他にお好みで合うもの何でも!

 

箸休めにぴったりよ。

野菜食べたなーって満足感もある。(笑)

 

但し、ポテトチップスやツナは塩気があるので

その分キャベツの塩気は加減してね。

 

お料理は出来上がった時にイメージした加減が大切です。

パンに乗せるならやや濃い目、他のおかずとのバランスを考えて

さっぱり目に仕上げたり・・・

ここがお料理上手の分かれ目よ。

 

 

 

真砂和え

明太子や、たらこを使って真砂(まさご)和え。
魚卵をまぶしたおかずをこう呼ぶらしい・・・

パスタだと気軽でかんたんけど、おかずだと難しい?

いえいえ、こちらもかんたん!

真砂和え

たらこは生のまま取り出して、酒を振っておきます。

糸こんにゃくは、適当に切って下茹でしておきます。

人参なども入れ、油で炒めてめんつゆ(うまみつゆ)などで味付けしながら
炒め煮にして仕上がり前にたらこを加えてさっと火が通ったら出来上がり。

真砂和え

たらこの賞味期限が過ぎてしまったので、こういう火を通した和えものに使って消費!

人参多めにしてかさ増し。(笑)おかずらしくしましょ。
たらこの場合は一味を振るといいよ。




 

カキフライ

牡蠣フライは面倒でも冬には食べたい揚げ物 !

と、フライは作らないでしょうから(笑)今日はこの後ろに見えている
キャベツの千切りを使ったサラダ?コルスローサラダかな・・・

サラダ

冷蔵庫にある千切りの野菜を何でもいいから切って・・・

人参は細く切って茹でる。

セロリがあったからこれも斜めに薄切りして混ぜる。

サラダ


実は昨夜のフライで沢山切っておいた千切りキャベツをどっさり〜

サラダ

酢、塩コショウ、オリーブオイル、砂糖ひとつまみ。
好みでめんつゆなど。

この時は乾燥のパセリを色合いに。

チーズやナッツ、ツナを混ぜてもいいね。

サラダ

よく冷やして、はいどうぞ〜

さっぱりしてて沢山食べられるー。

こういうマリネ風なサラダはちょっと時間が経っても大丈夫。
朝食にもいけるよ。

味付けはいろいろ工夫してみてね。

調味料だけでなく、大葉やセロリを使ったり、
スパイスや風味付けのごまの油やオリーブオイルを使うとエスニックにも中華風にもなる!

家のごはんのいいところは洋風のおかずなのに、お味噌汁があったり、
中華風のサラダがあったり・・・

こんなところがほっこりするのではないかな。

買ったもので何が作れるか!いい頭の体操よん〜
そしてその内お料理上手になれるはず!

継続は力なり!



これも出来上がりの画像を消してしまって、工程だけ残ってしまった〜。
濃い目のおかずや脂っこいおかずの時、野菜が高いときに登場するもやしの和え物。

----------------------------------------------------------------

もやし(1人前1袋あれば十分な量)

めんつゆ
しょうゆ
ごま油

砂糖はお好みで少々
お好みですりごま

----------------------------------------------------------------

洗ったもやしは熱湯で茹でるけど、もやしを入れてから再沸騰する寸前ぐらいの
やや浅めに茹でるよ。

色が変わったらザルにあげて冷水に入れ流します。
茹で上げにするだけでなく流水にした方が
もやし臭さが残らずスッキリした食味になるし、シャキシャキとしておいしい。

もやし

再びザルにあげて食べやすいように調理バサミでざくざくカット。

もやし

おにぎりを握るように絞るけど、かなり強めに丸めます。
しばらくするとまだ水気が出てくるよ。もうひと絞り!
この丸めたもやし玉に、調味料を混ぜてほぐして出来上がり。
(絞りやすいように分けて絞ってね)

これでもやし4袋分。
多いと思ったけど、さっぱりしているので家族もバクバク食べちゃう!

※人参、もやし、ほうれん草、きゅうりなど、同様の味付け(ごま油とすりごま入り)
 すれば色とりどりのナムルの出来上がり。
 熱々ご飯の上に、焼肉、キムチ、半熟目玉焼きとナムルをのせたら焼肉ビビンバになるよ





ポテトサラダ

ポテトサラダは沢山作ったほうが美味しいけど、1人分だとじゃが芋2個が限度かな・・
ごく一般的なサブメニューのひとつなので参考までに載せておくね。

-----------------------------------------------------------

じゃが芋(一般的には男爵が好ましい。(ゴツゴツした丸に近い形のもの)

塩コショウ
砂糖

マヨネーズ
あれば練りからしや黒胡椒

混ぜる副材料はお好みで

----------------------------------------------------------

ポテト

レンジでじゃがいもを柔らかくする方法もあるけど、私は鍋派。
皮付きのまま茹でる方が美味しいそうですが、私は皮を剥いて切って水から茹でます。

柔らかくなったら、鍋をずらしながら茹でたお湯を捨て、
軽く弱火で鍋をゆすりながら、完全に水分を飛ばします。

ほら、小学校でやらなかったかな・・粉ふきいも。(笑)

※熱いお湯を捨てる時は、水道水を流しながらね。

こんなふうになったら火を止めて、熱いうちに酢をさっと回しかけます。
軽く塩コショウして砂糖少々も入れます。

酢を入れるのは、味が締まっておいしいから。
ぼやけた味でなく、美味しくなります。

砂糖を入れるのは、酢とマヨネーズで酸っぱくなりすぎないようにする為と、
しっとりさを保てる為に入れます。

ここまで入れたら潰します。
つぶし加減はお好みで。
潰しすぎると粘りが出て美味しくないのでほどほどにネ。

粗熱がとれたらマヨネーズを入れます。(あれば練りからしや黒胡椒などお好みで)
一緒にお好みの野菜など。

うちの場合は、あまり野菜は入れません。
新玉ねぎの時期は、水にさらした玉ねぎくらい。
あとはコーン、人参を茹でたものなど。

ポテトサラダを翌日に食べても、味に遜色がなるべく出ないものを入れます。

人参はじゃが芋が茹で上がる直前に、薄い輪切りを入れて後で切って入れたりします。

ちょっと面倒だけど、ゆで卵をつぶしたものを混ぜると美味しくなります。

ポテトサラダ

ゆで卵って切っちゃダメ。
まるごとフォークの背で潰したほうがおいしいよ。

切ったものだと食感がツルツルします。
サンドイッチを作るときも切ると水っぽい卵サンドになるし、
マヨネーズの絡まりがよくありません。

煮卵

でも卵一個くらい茹でるのって、面倒ですね。
私は一緒に数個茹でて、醤油卵を作っておきます。

醤油卵はラーメンの具にもなるし、ちょっとしたおかずにもなるよ。
お弁当にちょっと入れてもいいしね。

作り方は簡単!

殻をむいたゆで卵を袋に入れて、適量の酢と醤油を入れて空気を抜き、
冷蔵庫で1〜2日で美味しくなります。

黄身まで味がしみ込むよ。

卵って優秀だわー。

ポテトサラダ

こちらはポテトサラダにかぼちゃをレンチンしたものを混ぜたもの。

臨機応変に!








 


キムチはそのまま食べたり、豚キムチやお鍋に使ったり・・・
食べ終わっても、からまっているタレって結構残ったりしますよね。


今回はそれを利用します。
いわゆるタレの部分は調味料のようなもの。
----------------------------------------------
キムチの残ったもの適量
きゅうり
しょう油
ごま油
-----------------------------------------------

要するに、きゅうりに軽く塩をしたものを残った最後のキムチに混ぜておく。
これだけです。
しょう油は適量で。
酢少々とごま油たら〜りとを入れるのがポイント!

え・・・キムチ味ばかり飽きるって。
まあそういわずに。

今日は、ワンランク上のきゅうりの切り方を伝授〜!


きゅうりは曲がりすぎたものだと難しいので、なるべくまっすぐなきゅうりがある時に
試してみてね。もちろん、きゅうりがお安い時に。(笑)

割り箸をきゅうりの両側に置いて、斜め切りにします。
両側にお箸があるので、まな板まで包丁が届かず刃をさえぎってくれます。


はい!同様に裏側も斜めに切ります。

なんか伸びてきたよー。
ここで軽く塩をふります。


すると、蛇腹になります。
伸ばすとながーくなるの。おもしろ〜い!

塩をすると水分が出てくるので軽く絞って下さい。



あとは適当にカットします。

きゅうりを叩いて味を染み込ませる方法もあるけど、
蛇腹に切るのも味が染み込みやすいし、ちょっと難しいことしてる(笑)みたいな・・

楽しんでやってみて!

--------------------------------------------------------------------------

※ちなみにキムチを使っていろいろ

豚キムチ・・・豚バラスライス、キャベツなどと炒めて最後にしょう油で味を調え、ごま油

チゲ鍋風・・スープに中華味の素を使って、キムチ、豚と野菜の他は木綿豆腐を入れます。
      木綿豆腐は手でちぎって入れる方が◎

刻んでキムチチャーハン、納豆キムチなどいろいろ

キムチ鍋のあとだったら、ラーメン入れたり、雑炊にするのも◎
雑炊の場合は最後に溶き卵でとじて、お好みでチーズを入れても◎

※もうひとつおまけ!

豚バラってすごく油が出るの。
翌朝見たらすごい油が固まってる。(ギョッ!)
なので、油はすぐに捨てずに少し時間を置いてから固まらせて生ゴミに。
熱いスープだとまったくわからないので排水に流す時は注意してね。

(豚バラだけを煮込んだ時に出る油は、冷えると美味しいラードとして使えます。)



 


かぼちゃのサラダは娘ちゃんの好物のひとつ・・・
ただ、ひとつ心配な事が・・

それは、硬いかぼちゃを切ること!

実はお料理をしなくなったのは、中学生の時にカレー作りを任せた特、指を切ったから。。
しかも縫うほどの怪我をしてしまった。

と、こわい話はここまで。

とにかく硬い野菜を切るときは慎重にね。

切ったら電子レンジで作るので簡単〜!

----------------------------------------------------------------

かぼちゃ 
(食べきれないので小さいものを選んでね。しかも色が濃くて美味しそうなもの。)

砂糖
塩こしょう
マヨネーズ

あれば、レーズンやコーンなど

----------------------------------------------------------------

まず最初の難関!
かぼちゃを切る。

まな板の下に濡れ布巾を敷くことを忘れないで。
安定すると安心。クッションもいいし。

かぼちゃの種を大きめスプーンで掻き出し洗う。
切るときは、真ん中から切らない。
安定のいいところを選びながら、大雑把に切ったら、
今度は出来るだけ大きさを揃えます。

とにかく指を包丁に向けなかったら怪我は避けられます。慎重に!

この時点で皮も取り除いておくと、加熱したあとが楽です。
カットしたかぼちゃは皮まま加熱する場合、粗熱がとれたら皮をとってね。

生の時点で皮を取る場合はカットした身をまな板の上で安定させてから皮を落としてね。
剥くのではなく、皮を落とすんです。

かぼちゃは大きいまま電子レンジで加熱してから切る方法もあるかな・・・
母はやったことがないのでなんとも言えないけどネ。

もー心配だから切るだけでここまで書いちゃったじゃないですかー。
小学生並みでスミマセン。


大きめのお皿にカットしたかぼちゃを入れたら、ふんわりラップをして
電子レンジで柔らかくなるまで加熱します。


この時は皮まま加熱したので、加熱後に取り除きました。

砂糖を入れて、酢をサッと回しかけます。
軽く塩こしょうします。

あとはつぶします。

レーズンを入れるなら熱湯で湯通ししたもの、冷凍コーンを入れる場合は熱湯に入れて
レンチンしたものを入れます。どちらも湯切りはしっかりね。

かぼちゃの粗熱がとれたら最後にマヨネーズを入れて出来上がりです!

ちょっと甘くて女子は大好きよね。(笑)





オクラのごまよごし 
オクラに限らず、いろんなお野菜で出来るよ!

-----------------------------------------------------------

オクラ
めんつゆ
すりごま

-----------------------------------------------------------

鍋にお湯を沸かします。
塩少々を入れて茹でます。

ここでポイント!
オクラはプカプカ浮きます。
包丁で突き刺すように切れ目を入れてから茹でましょう。
それでも浮きます。時々転がすようにお箸で回してあげてね。

色が濃くなってきたら茹では大体OKです。
心配だったらかじってみて!
色が悪くなってきたら茹で過ぎですが、柔らかめでもOK.

オクラは茹で上げると縮んでくるし色も悪くなるので、お水をサーっと流して
よく水気を切ります。
もちろんそのまま味付けてもいいよ。味しみも良くなるし。

水気をきったら乱切りにして(小さいものなら半分でもOK。)
ボールに入れてサッと酢を回しかけます。
次にめんつゆをかけます。
水すすぎをしたオクラは味しみがやや悪いので、薄味になりがちです。
味が薄いなら少しお醤油を足してね。

(乱切りはころころ回しながら切りますよ)

すりごまをたっぷりかけて出来上がりです。


ごま和えはいろんなお野菜に使えます。
酢を使うと塩分が少なくても美味しく食べられますよ。

ほうれん草、もやし、人参、・・・いろいろ試してみてね。
お野菜は、ほうれん草のように下茹でして水にさらすものもありますから、
味を付ける前に水気をしっかり絞ってください。


オクラ

オクラは大きいからいいというものではありません。
よく育ったオクラは、茹でても筋が残るものもあります。
10cmを超える大きなオクラは要注意です。

筑前煮

茹でたオクラは、いろどりにもなります。
この日は筑前煮も作ったので数本はこちらに回しました。

夜に茹でて冷やしたものなら翌日でも使えるのでお弁当のいろどりにも使えるよ。

刻んでお味噌汁に浮かべてもしても美味しそう〜。
星型が浮かんでかわいいよ。





PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM