ハンバーグってね、牛肉じゃなくてもいいし合い挽き肉じゃなくてもいいの。

豚ミンチ100%だっておいしいんだから〜。

 

作り方は普通のハンバーグと同じでいいよ。

でもナツメグは入れなくてもいいかも。

 

豚の赤身が多いと固く焼き上がりがちなので練る時に少し水を混ぜてもよい。

 

その他、水切りした豆腐を混ぜてみたり大葉の刻んだもの、れんこんのみじん切りなどを

混ぜても和風になって◎

ポン酢で食べると あっさりおいしいよね。

 

豚肉だし、よく焼いてね!

 

この時はケチャップ&ウスターソースに練りからし少量を混ぜたあっさりソースで。

手作りの味で普通においしい〜

 

多めに焼けば冷凍も出来るよ。

 

 

 

おまけ画像はスプーンに乗るくらいの小さなシュークリーム・・・

 

しゅわっとした柔らかシューを作るつもりだったけど、小さくても結構食べ応えあり。

カスタードクリームが足りなかったシュー皮は、即冷凍したので

今度はアイスクリームを詰めてシューアイスにしよーっと!

 

もちろん市販アイスクリームで私の速攻おやつに〜むふふ

 

 

 

 

 

メンチカツ

先週は実家へ帰ったので、冷蔵庫の中は空っぽに近い状態・・・
月曜日は雨も降っていたし買い物億劫↓

よし!冷蔵庫の掃除のつもりで「あるものおかず」にしよう〜〜

ってことで冷凍庫を見たらエビと豚ミンチ他、ふむふむ。

新玉ねぎもあったので、久しぶりにエビカツにしようと思ったけど
ちょいエビが寂しい・・・・

エ〜ィ!混ぜちゃえ〜〜
と、エビ入りのミンチカツにしたよ。

メンチカツ

エビは背わたを取ってよく洗い、水気をよーく切って小さくカット。
えびは先に軽くだけ塩コショウしておくよ。
しないと食べた時に味がぼやけるので、ほんの軽くね。

この時はエビと豚ミンチを1対1くらいの割合にしたよ。
新玉ねぎのみじん切り、つなぎのパン粉少々、
卵適量(入れすぎると柔らかくなりすぎるので注意)
塩コショウを合わせてよく混ぜる。
乾燥パセリも作りたてだったので、こちらも混ぜ混ぜ。

適当な大きさに分けたら薄力粉を付けてしばらく冷蔵庫に入れておく。
これで柔らかさが少し落ち着いて次の作業がしやすくなるよ。

丸める大きさは小さめにね。
小さいと思ってもパン粉をつけると大きくなるし揚げる時も楽です。

メンチカツ

しばらく休ませたら溶き卵にくぐらせてパン粉をつけて再度冷蔵庫に入れておく。

食べる直前に適温で揚げる。
しっかりパン粉を付けるように丁寧に押さえつつ、余分なパン粉ははたきながら
そっと油に入れてね。

このパン粉をつけた状態で冷凍保存も出来るよ。
ままごはん流のバラ凍結でOK〜
凍ったまま揚げるときは中温でじっくり揚げよう!

ちなみに今回のように解凍した肉を使う場合は再冷凍になるのでNG。
(どこまでも丁寧な指示!笑)

メンチカツ

所々にエビが・・・
青物がなかったので一緒にピーマンを素揚げして、残っていたさつま芋は天ぷらにして付け合せに。

彦根城夜桜

おまけ画像は彦根城の桜のライトアップが水面に映ったこちら。
帰省途中に車から降りてパチリ!
実際はね・・・とにかく素晴らしい〜
デジカメでは伝えられないわー。あー、私の言葉でも。(笑)

オランジェット

お土産はこちら〜♪(笑)でした。またの機会にね。(来年かな・・・)

 

 餃子

うちは餃子を作る時はホットプレートの出番!
じゃんじゃん包みます。

娘ちゃんは餃子包みはよく手伝ってもらっていたので得意!ここでは省略でいいね。(笑)

キャベツ

材料

刻んだキャベツ(ネギや白菜を入れてもよい)
豚ミンチ

塩 コショウ
中華味の素
酒、醤油少々

しょうが
にんにく

片栗粉

サラダ油(多め)キャベツの水分止めに必ず
ごま油(風味付け)


以上をよく混ぜます。

※サラダ油を混ぜるなんてびっくり?
 これを入れるのと入れないのでは大きく変わります。
 キャベツは塩をしたり水分を絞ったりせず、刻んで生のまま使います。
 油を入れると野菜の水分止めになるのか作ったタネもベチャベチャしません。
 焼き上がりはジューシー。

餃子

よく練ってこんな感じにしたら包みます。

餃子

焼き方

普通は熱したフライパンに・・・
って感じですが、うちはホットプレートで焼きながら熱々を食べます。

なのでこんな焼き方。

まず、包む時点で冷たいままのホットプレートにサラダ油を多めに敷いて、
包みながらどんどん並べていきます。

包み終わったら電源オン。

すぐにたっぷりの熱湯を回しかけ、蓋をして焼きます。

そろそろかな・・・と思う頃には中まで火が通っています。
蓋を開けて水分を飛ばしたら出来上がり。

餃子

はふはふ〜餃子!
おうち餃子はたっくさん食べられる。

うんまい!






鶏団子

 ままごはんの、お楽しみ便の中のひとつに詰め込んだ肉団子は
鶏胸肉ともも肉のミンチと豚ミンチを混ぜて作ったよ。

といっても、おうちおかずの一品!を、おすそわけ。(笑)

-----------------------------------------------------

それぞれのミンチ肉は同量程度
レンコン、ネギのみじん切り
塩コショウ
パン粉
片栗粉
にんにく(ガーリックパウダー)
しょうが
------------------------------------------------------------

鶏団子

以上をよく練って油で揚げます。
材料に「水」って記載しましたが、結構入れます。
肉ダネが、練って柔らかくなるくらい入れます。
(その方がふんわりした肉団子になる)

スプーンですくいながら油に入れていきますが、スプーンを濡らしてタネをすくうと
スルっ〜と離れて油に入れることが出来ます。
油ハネしないように、そっと入れて下さい。


このまま食べてもいいくらいの味付けにしたので
辛子と酢醤油をそえて頂きました。

肉団子はスープや鍋に入れてもおいしい!

甘酢あんをかけて中華風に使う場合は、肉団子の塩気はやや控えめにしてください。

肉団子の横に付けてあるのは、菜の花とエリンギを炒めたもの。
菜の花は茹でても炒めてもおいしく食べられます。

下茹でしないまま炒める場合は、茎の太いところは半分に切ってから炒めてね。
結構油を吸いますが、油は多めの方がおいしいよ。
この時はオリーブオイルとサラダ油を半々で炒めました。

肉団子はお弁当やスープ類にも使えるので冷凍ストックしておくと便利です。
が・・・揚げて作るのは億劫かもね。(笑)





ピーマンの肉詰め

ピーマンの肉詰めは見た目がちょっと手が込んでいそう・・・?(面倒そう?(笑)

要はハンバーグ&ピーパン炒めなんだけど、
単体で食べるよりもジューシーさを感じることができて、お互いの旨みを含み合う。
何より見た目も可愛らしいね。

半分に切ったピーマンの種をとってハンバーグのタネを詰めるだけなので、(簡単に言うわね・笑)時間とやる気がある時に作ってみてね。

ハンバーグの作り方はこちらを参考に

----------------------------------------------------------------

ハンバーグのたねの他は、ピーマンと薄力粉。好みでスライスチーズ。
道具として「茶こしなど」

上にかけるソースは
ケチャップ、ウスターソース、好みでからし、を混ぜておく。

----------------------------------------------------------------

はい!では詰め方、いくよー!

ピーマンの肉詰め

ピーマンは洗ってからこうしてヘタの部分と種を取り除きます。
半分に切ってからヘタと軸の部分を内側に押すようにすると綺麗に取れます。

※大きいピーマンなら、半分に切る前にワインなどの蓋(アルミっぽい)を利用してヘタの部分をグリグリと押し込むと、種も一緒に取れやすくなります。
ヘタの部分が凹んでいるのはやりにくけどね。一応参考記載しておくね。

ピーマンの肉詰め

半分に切ったら茶こしなどで内側に薄力粉を振ります。
これはお肉を密着させるためです。出来ればやった方がいいかな・・・

ピーマンの肉詰め

スプーンやバターナイフを使って、ギュギュッと肉を詰めて表面に薄力粉を振ります。

フライパンに油を敷いて肉側から焼きます。

蓋をして両面焼きます。
ピーマン側を焼くときは火が強いと焦げますから、中火よりやや弱いくらいにして
様子を見ながら焼いて下さい。

ピーマンの肉詰め

肉汁があふれるようになり、ピーマンの色が変わってしんなりしたら出来上がりです。
スライスチーズを入れる場合は、火を消してからのせて蓋をして余熱でとろり〜

上に掛けるソースはケチャップだけでもいいけど、
うちではケチャップにウスターソースとからしを混ぜたものをかけます。
ハンバーグの時ほど重くないソースで作るのも簡単!

※用意したピーマンと肉の量がぴったり・・・
 これは難しいので、残ったタネはハンバーグとして焼いてもいいし、
 スープの具にしてもいいよ。

 明日はこの残ったハンバーグのタネを使ってスープの作り方をUPするね!



 ミートソース

ミートソース


ミートソースはいろんなソースに使えるね。
時間がある時に作り置きしておくと便利!
-----------------------------------------------

あいびき、又は牛ミンチ 小1パック
玉ねぎ小半個〜1個
トマト缶大なら半分くらい
※トマト缶は残ったらスープ、リゾット(コンソメで調味して)カレールーに加えても

コンソメ適量(キューブ型なら半個〜1個)
トマトケチャップ(むぎゅむぎゅーっと!)
バター ひとかけ
あれば赤ワイン適量 なくてもOK
塩こしょう 砂糖少々

あればナツメグ、ガーリックパウダー、各少々 なくてもOK
炒める時に入れてね。
----------------------------------------------------

はい!作るよ。

まずミンチ肉を薄く油を引いたフライパン(鍋)で炒めます。
ポロポロしてきたらみじん切りした玉ねぎを炒めます。
水分も出てきます。やや強火でしんなりするまで炒める。
塩こしょうを軽く。

トマト缶をつぶしながら入れて、コンソメなどキューブ型なら崩しながら入れる。
あればワインも。
しばらく煮込む。(トマトジュースでもOK)
水は入れない。

トマトケチャップを入れて、やや酸味があるため砂糖も入れる。
しばらく煮込む。
最後に塩こしょうなどで味を整えて完成です。
バターがあれば、仕上げにひとかけ加えて下さい。マイルドになって美味しくなります。

水分を飛ばしたい時は、蓋を開けて煮込んでね。
浅いフライパンだと、ソースがグツグツして飛び散ります。
その場合は蓋をずらして水分を飛ばしてください。


ナスのミートチーズ焼き

ミートソースパスタの為に作ったソースですが、多めに作った時はいろいろ使えます。
この時はナスをソテーして、ミートソースとチーズをかけてトースターで焼きました。


「美味しいけどごはんのおかずには合わへんなー。」とは家族の弁。
「最近、田楽が多いし変えたんやけど・・・」と私。
「や、美味しいことは美味しい」
「ま、ご飯は他のおかずで食べてや」

と、こんなやりとりで。












ハンバーグはボリュームもあるし皆が好きなメニューのひとつ。
まずは一番ポピュラーな味付けで。

---------------------------------------------------

みじん切りの玉ねぎ(中 半分程度)
卵1個
パン粉(朝食の食パンを残したものでもOK、1/4枚くらい)
あいびきミンチ(普通は牛6・豚4くらいの割合で売っています)250g程度
塩、こしょう(香辛料のナツメグはなくてもOK)

-----------------------------------------------------

さて!作るよ。

材料をどんどんボールに入れて混ぜる。
手袋があると便利だけど、スーパー等の薄い袋を使っても右手がネチャつかなくて◎
粘りはほどほどでいいよ。

練ったら少し冷蔵庫で冷やすよ。

その間に・・・
ハンバーグソースを作っておいてもいいね。
サラダを作っておいてもいいし。


はい!では今から焼きます。

と、その前に心配なら小皿にタネをスプーンでひとさじ入れて、レンジで加熱。
お味見して味のピントが合ったらOK。薄いようなら塩少々入れて下さい。

塩辛いとどうしょうもないね・・・
こんなふうに、自分で加減するという事を覚えていきましょう〜!

この量だと大体2,3個は出来ると思うので、あらかじめボールの中で軽く分けておこう。
お料理に慣れてないと焼き具合が心配。
ペタペタっ〜と、丸くまとめて薄めの形に仕上がるようにしておこう。
(この時は素手で、手にさっと水をつけるかサラダ油を少し手のひらに塗ると作業◎)

フライパンに薄く油を引いてね。
入れる油が多いと肉の脂も出るので、焦げやすくなります。

只、ある程度の焦げは旨みを逃さないためにも必要です。
フライパンの蓋はしないで中火で焼きましょう。

焼きながら焦げ具合を一度確かめてね。
でも触りすぎは水分が出るので禁物です。美味しさを閉じ込めるように焼くのがコツ。

蓋はしないままで、下半分が大分焼けてきたら裏返します。
焼いたすぐは中火よりやや強い火加減で、裏側も丁度よい焦げ目で美味しさを閉じ込めるように焼きます。

裏返したら蓋をして、火を中火くらいにしましょう。
あとの火の調整は勘でね。
やや焦がして焦がし過ぎず。(難しいね)

さて・・・大分焼けてきたね。ん〜〜いい匂い!
肉汁がじわじわ出てきたら焼けてきた証拠です。
透明な汁が出てきたらまず大丈夫。
火を消して余熱で仕上がりです。(余熱で茶色い汁も出るけど大丈夫)

-------------------------------------------------------------

ソースの作り方は

ケチャップとソースを好みで合わせるだけでもOK。少し砂糖を加えるとまろやか。
ハヤシライスのルーがあると便利。
少しだけ刻んでお湯で溶かしたものを入れるとデミグラスソースっぽくなるよ。
少量ののワインを入れるとちょっと本格的。
あればソースが熱いうちにバターを入れてもまろやかさとコクが出る

--------------------------------------------------------------

調味料はどんどん増えちゃうので、ひとり暮らしに今後どれくらい使うかを
考えて揃えてね。

ミンチのお肉は見た目が一緒でも、お店によって味のバラつきがあります。
美味しいあいびきミンチで作ればナツメグなどの香辛料がなくても美味しく作れますよ。

2,3個作ったハンバーグは冷めたら冷凍がおすすめ。
忙しい時に助かるよ。

早く焦げてしまって、生焼け・・・なんて場合は、
ソースをお湯で薄めた中に入れて煮込みハンバーグ風にしてもいいよ。

何はともあれ習うより慣れろ!ですわ。


1

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM