きゃー!タケノコ・・・

 

又頂いたのでご飯に合うおかずを作ってみたよ!

掘り立てのタケノコが入ったお惣菜はちょっと特別。(笑)

ご飯に合う合う〜

 

うちの家族は下戸ばかりなので、こういうご飯に合うおかずは必須!

 

例のごとく、たけのこご飯、煮物、お味噌汁はこの前日に食べて

今回も大満足〜!

 

タケノコの根元に近い方は少しだけ残しておいて、

お惣菜に使うことを前日から決めていた私。・・・

 

根元に近いといっても十分煮物にも使える柔らかさだったけど、

牛肉もごぼうもあったので、よし!きんぴらにしよっと!

 

というわけで、きんぴらごぼうと同じ作り方です。

いや〜、おいしかったわー。

 

 

 

この日は他に、鶏のから揚げおろしポン酢。

大根おろしに大葉と一味を添えて、ポン酢をかけてさっぱり〜

 

トマトは皮を剥いて大ぶりにカットしてから

新玉ねぎのオニオンスライスをたっぷりかけて出来上がり。

和風のドレッシングにマヨネーズを細ーく絞ってたっぷり食べる・・・

もういくらでも食べちゃう!

 

私は、種が緑っぽいトマトが好み。(笑)

切って種が青いと嬉しくなる。

トマトが青いんじゃないよ。(笑)

種が緑っぽいトマトは味が濃くてトマトらしい味だから。

そう、昔ながらのトマト。

トマトは大好き〜〜

 

 

 

 

 

娘ちゃんが関東に引っ越ししてから、初めて訪問したのは3月の初め・・・

うーん、まともに作ってない感は冷蔵庫の様子で一目瞭然!ショック〜

まあ、便利な場所に住んでいるのでわかります・・・

 

冷蔵庫の中にあるもので作るのに苦痛のない私も、きっと1人分だったら

面倒になる・・・うん面倒くさーい!(笑)

 

でもね買ってきて冷蔵庫に入れておいたものは使い切らないとね。

腐らせるのはあかんよ。

 

 

末っ子の次男君もこの春から社会人なので、このところ3人分食卓の我が家。

冷蔵庫の中を見ると今までより半端に残りがちだわ・・・

しかも知らないうちに「おつとめ品」のカブまで入ってるやん!もぉー

 

で、仕方なくこの日は残り物デー。(笑)

 

 

-------------------------------------------------------

 

まずはカブで即席漬けを作ったよ。

いつものポリ袋で簡単な作り方だけどおいしい!

サラダの様にバクバク食べちゃう。(笑)

 

じゃが芋・・・あらら芽が出かかってるやん。

この芽は発がん性物質があるので、取り除こうね。

ポテトと茹で卵だけで作ったポテサラは翌日食べると卵の風味が増しておいしいよ。

野菜を入れたポテトサラダって翌日はおいしさ半減だけど、これなら2日目でも◎

 

人参のサラダは、ちょいツナを入れて沢山あった最後のサニーレタスも入れて

酢、オリーブオイル、めんつゆ、胡椒等でマリネ風に和えたよ。

これもね、いくらでも食べられる。野菜たっぷりで嬉しいね!

 

チルド室に豚ロースだけあったのでメインはとんかつかな・・・

千切りキャベツがないけど、野菜多いからいいでしょ。

 

 

「ご飯に合うおかずがないやん。」って言われそうなので、

とろろをご飯にかけていただきまーす!

 

長いもをすりおろして、卵黄、3倍濃縮つゆ又は醤油で味付け

炊き立てごはんにかければ・・・

 

恐ろしく白米食べ過ぎちゃうので要注意。(笑)

 

 

 

5人家族の頃と違って3人で晩ご飯が多いこの頃・・・

弟くんも今春から家を出るので4月からはこれが常になる我が家ですよ。

 

こんな手抜きな晩ご飯は男子向け。(笑)

 

この日は牛丼にしたよ。

この安っぽい紅ショウガが重要らしい。(笑)

冷凍でバラ凍結しておいたものを、急きょ数秒のレンチンで解凍してちょこん!

 

牛丼の作り方は玉ねぎを炒めて(春の玉ねぎならとろけちゃうので後で入れても)

牛細切れを入れたら砂糖少々、酒、めんつゆなどの2倍又は3倍濃縮のものを

入れて肉が柔らかくなるまで煮るだけ。

 

水気が少ない時は焦げない程度に水をほんの少し入れてね。

但し新玉ねぎを使う時は水気がグイグイ出てくるので水はほとんど必要なし。

 

 

野菜が安くなってきて嬉しいね。

この日にまず作ったのは白菜の即席漬け。

 

この時期、白菜もとうがたって固くなりがちなので上部の柔らかいところを使ったよ。

 

ザクザク切ってポリ袋に入れて粗塩、砂糖一つまみ、酢、味の素少々を入れて

まずは袋ごとガサガサ振るよ!そのあとモミモミ。

 

いえいえ、モミモミどころじゃなく手のひらの付け根でグイグイ押す押す!!

水気が出てきたら空気を抜いて袋の口を縛って、冷蔵庫でスタンバイ。

 

食べる時に水気を絞って一味と塩こぶをかけても美味!

これで立派なお漬物になるの。

 

 

もやしはナムル風にごま油とラー油でピリ辛にしたよ。

 

サニーレタスが2束で98円!と、やっすー。

外側は炒め物に使おう!内側はグリーンサラダにしよっと!

 

ボールにマヨネーズ、砂糖少々、酢の代わりに残ったヨーグルトも入れて

黒コショウも少々入れてクルクルとマヨーネーズドレッシングを作る。

ザクザク切ったサニーレタス、焼いて冷ましておいた薄焼き卵を切って

ざっくり混ぜて出来上がり。

混ぜ過ぎは水気が出るし、ベチャベチャになるので禁物ネ。

食べる直前に、よく水気を切った野菜を混ぜてね。

 

これで醤油系の牛丼に、あっさり優しい甘さのマヨネーズ味のサラダと

ごま油とラー油の入った中華風のナムルでお味の変化が味わえるってわけさ!(笑)

 

どちらも野菜たっぷりの副菜の出来上がり。

その箸休めに白菜の即席漬け、出汁の利いたお味噌汁も外せないねー。

 

まあ、娘ちゃんはあまり好みでないかも・・・の今夜のメニューですが、

男飯の多い近頃の晩ご飯より!

 

珍しくそばにカメラがあったので久しぶりの更新でした。

更新さぼってごめんよ〜

 

 

 

 

数時間前から作った方がおいしいおかずを3品。

 

この日のメニューは

 

・豚と野菜のみそ炒め(豚バラ薄切り、キャベツ、玉ねぎ、ピーマン、なす)

・人参サラダ

・あらめの煮物(乾燥あらめ、人参、揚げ)

・ゴーヤの炒め煮

 

画像は私が食べるプレートの一皿。

ゴーヤはおいしくておかわり!(笑)

 

 

手前の3品は早めに作って置くほうが味が馴染んでおいしいの。

 

料理の手順

 

・人参サラダは斜めに薄く切ってから細切りにして塩少々を入れて好みの固さに

茹でたら酢を回しかけ、濃縮の旨みつゆなどで味をつけるよ。

今回はごま油を仕上げに中華風に。

食べるまで冷やしておこうね。

 

・乾燥あらめはひじきと同様。

水で戻したらしっかり水切りして人参とたっぷり目の油でさっと炒めたら、

切ったお揚げを入れた後、砂糖、酒、出汁つゆや醤油で味付けをして蓋をして

煮含めたら出来上がり。

 

・娘ちゃん以外は皆大好物のゴーヤの炒め煮。(笑)

 

両端を切って半割にしたら、中のわたや種を取り除き3ミリくらいに切って

たっぷり目の油で炒め、酒と旨みつゆ、醤油などで炒め煮にしたら出来上がり。

ちょっと濃い目の味付けが◎

 

苦みと旨みがあって、作る時は2本分くらいをまとめて作って常備菜に。

冷やしておくと味が馴染んで更においしくなるの。

たっぷり作っても翌日にはなくなっちゃう。(笑)

 

ここまでを晩ご飯の数時間前に一気に作っておけば、

ごはん時間には更においしくなって、あとはご飯とお味噌汁の準備をしたのち、

炒め物で晩ご飯の完成!

 

 

みそ炒めは赤みそに砂糖、みりんをたっぷり入れて甘辛く。

豚バラはちょっと焦げ目がつくくらい炒めるとおいしいね。

 

豆板醤入れて辛味をつけると、まさに夏のスタミナ定番のおかずだわ。

 

暑いと食欲落ちるけど、夏バテしないように身体の調子整えましょう〜!

 

-----------------------------------------------------------------------

 

※毎回旨みつゆとか出汁つゆとか・・・めんつゆとか・・・(笑)

市販の2倍〜3倍の濃縮つゆの事です。

 

メーカーはあまりこだわらず、じゃんじゃん味付けに使っています。

醤油だけと違い、旨みやダシ、柔らかな甘みもついているので

最終的には顆粒ダシやお醤油やみりん、砂糖などを足しておうちの味に調整してね。

 

 

いつも急ぎの盛り付けで、オシャレ感ゼロ・・・これはマネしちゃダメよ〜。

 

この日はあいびきミンチがあったので、手っ取り早くハンバーグのメインで!

 

・ハンバーグ(あいびきミンチ、玉ねぎ、パン粉、卵)

・きんぴら(蓮根、ゴボウ、人参)

・棒棒鶏風のサラダ(木綿豆腐、トマト、鶏ささみ)

 

蓮根のきんぴら

 

小さめのレンコンがあった・・・

あ、ごぼうも細いのがあった。

よし!人参も入れてきんぴらにしよ。

 

どれも薄切りにしてサクサクきんぴら。

鷹の爪も入れてピリ辛にしましょ。

 

 

とりのささ身が2本だけあったので、サラダの具に。

鶏のささみはお皿に並べて軽く塩コショウ、酒を散らして

ふんわりラップをかけたらレンジで加熱するよ。

 

目安は・・・

生の部分がなくなるくらい。

加熱後はスープが沢山出てるけど、絶対捨てないでね。

 

鶏肉が触れるくらいの熱さになったら、手でほぐしてそのまま冷めるまで

スープを吸わせておくと、しっとりささみの出来上がり。

ラップをかぶせて乾かない様に冷ましておこう。

 

------------------------------------------------------------------------------

 

料理の手順

 

1)今回はサラダの下準備からかな。

まずは木綿豆腐を水切りしておこう。(冷蔵庫で)

ついでにトマトの湯剥きも出来ればね。(カットするまで冷蔵庫)

上記の説明通り、鶏のささみの下準備もして冷ましておこう!

 

2)ハンバーグは・・・難しくないね。(笑)

タネまで作って冷蔵庫でスタンバイ。

 

3)きんぴらは、あるものでいいの。

根菜類はスライスして人参以外はサッと水にさらしてから使おうね。

油でいためたら、砂糖、酒、3倍濃縮くらいの旨味つゆや醤油で味付けしたらOK。

仕上げにみりん少々。

 

----------------------------------------------

 

さあ!今日のタイトルは「ソースいろいろ」

ハンバーグソースとごまだれドレッシングの即席ソースということで

以下記載しておくね。

 

◎ハンバーグのソースで一番簡単なのはケチャップ+ウスターソース。

あっさり、これもいいわね。

 

ちょっと手間をかける場合は

ハヤシライスなどの「ルウ」を少々、

ケチャップ、砂糖、バター、赤ワインなどで即席ソースの出来上がり。

 

別鍋で作ってもいいし、出来上がり直前のハンバーグに投入しながら

煮込み風にしても◎

ソースが煮詰まってくるので、お水かお湯を足しながら作ってね。

 

そして、ルウは味が濃いので少しだけにしておこう。

包丁で使う分だけガリガリっと削ったら残りは冷蔵庫に入れておいてね。

 

 

◎この日のサラダは棒棒鶏風だったので、

多分、利用したのは市販のしゃぶしゃぶのごまだれだったかな。(笑)

冷蔵庫にあったものにマヨネーズを混ぜただけ。

十分美味しい!

 

豆腐に鶏ささみなので、たんぱく質もたっぷり取れて◎

 

-------------------------------------------------------------------------

タレやソースって、ごま油をちょっとプラスしたり、

生姜やにんにく、レモン、何かちょっとのエッセンスで変わるもの。

 

うちにあるもので、いろいろイメージしながらお料理すると

思わぬ発見があるかも!

おいしく作れたら嬉しいし、楽しみにもなるよ。

 

 

 

切る材料が多かったー。

これは一石二鳥!と喜びもつかの間。

まだまだ・・と後悔か。

 

ちょっとやりかけの事が気になるけど、

ええ〜い、一気に切ってしまいたい!

 

この日のメニューは

 

炊き込みご飯風の混ぜご飯

豚汁

鶏のから揚げ

じゃが芋の短冊サラダ

 

 

じゃが芋のサラダはメイクイン種を使って、マッシュポテトタイプとは

又違うおいしさ。

ポテトサラダは酢を回しかけることによって味が引き締まるよ。

酸っぱくなった分、お砂糖少々も入れてね。

 

鶏唐揚げは、もも肉を使ってからりと揚げるよ。

 

 

うちは直火でお鍋を使ってご飯を炊く為、炊き込みご飯でなくて

あとから炊いた具材を混ぜて混ぜご飯にします。

 

多めのサラダ油で具材を炒める事と、米の水加減を少なめにするのが

おいしく出来上がるポイント!

 

-------------------------------------------------------------------------------

 

料理の手順

 

今回はとにかく切るものが多いので、ガンガン切っていくよ〜。

材料を把握して一気に切ると楽です。

ただ、野菜肉類の切る順序や、切ったあとの置き場所は考えてね。

やってみたらわかります。(笑)

 

1)じゃが芋の短冊サラダは全て短冊に薄切りするよ。

じゃが芋は、切ったらさっと水ででんぷん質を洗い流してザルで水切り

人参も厚すぎないように切る。

耐熱皿(普通のお皿でも)に入れてラップで軽く閉じたらほぼ柔らかくなるまで

レンジで加熱。水気は捨ててさっと塩コショウ、酢少々は必ず。砂糖少々も忘れずに。

あれば、あらびき黒コショウ少々。

粗熱が取れたらマヨネーズ、辛子、

さっと塩を擦り込んだきゅうりも切って混ぜたら出来上がり。

 

2)混ぜご飯には、水で戻しておいた干しシイタケ、お揚げ、ごぼう、

下茹でしたこんにゃく、人参、鶏肉。

結構たっぷり入れるよ。

 

※シイタケを水で戻すのは早い時間から準備しておこうね。

※ササガキごぼうはさっと水で洗うくらいにしておくよ。

長時間水にさらしておくと風味が抜けちゃうしね。

 

材料が切れたら多めのサラダ油でしんなりするまで炒め、

酒少々と、旨みつゆ、醤油などで濃い目に味付けしておきます。

炊き立てのご飯に混ぜたら出来上がり!

少し馴染ませたら食べ頃です。

 

※味付けは濃い目なので、味見しながら混ぜてね。

もし味が足りない時は、多少あとから醤油や塩で味付けしても大丈夫。

炊き込みご飯とよく似てるけど、具材の味がそれぞれしっかりして

とってもおいしく出来ます。

 

※ごはんはやや固めに炊いておこうね。

具材や調味料が入るしね。

 

この2品の材料の合間に唐揚げ用の鶏肉を切ったり、

豚汁用の具材を切ったり・・・もちろん出汁をとったり揚げたり。

並行して進めてね。

 

長くなるので2品は省略するけど、全てのおかずが混ぜご飯の出来上がりと

タイミングよく出来たら合格!

 

 

最初に書いてた「ちょっと気になること・・・」

 

それは材料を切りながら、こちらのパンつくりも並行。

切る作業の中、パンの発酵が気になったけど

なんとか明朝のパウンド食パンも無事焼けてほっ〜。

 

ふっー、やり切った感!

 

 

 

 

 

夕食

 

この日は冷蔵庫に鶏もも肉と・・・あっ、冷凍庫に豚ミンチがあった。

賞味期限がこの日だった木綿豆腐は揚げ出し豆腐にするか、

でも、豚ミンチがあるから麻婆豆腐にしよっと。

 

麻婆たっぷり豆腐

鶏の親子煮

人参サラダ

 

親子煮

 

子供たちが小学生の頃、給食に親子煮っていうメニューがあって美味しいと・・

「どんなの?」って聞いたら「親子丼の上のやつみたいなもん。」

ということらしかったので、以降たまに我が家のメニューに登場するの。

 

案の定、この日も長男は「あーこれ食べると小学生を思い出すわー。」

ということです。(笑)

 

おいしい思い出を作って下さった学校給食の調理員さんに感謝だわ。

 

人参サラダ

 

家のおかずのいいところって、中華ありなのに和食もあって、

ちょっと洋風も・・・

なーんて、いろいろメリハリ?つけられるところかな。

 

ほら、洋食系の外食して最後にお茶漬け食べられないもんねー。

 

この人参サラダはオリーブオイルと黒コショウでイタリアン風?(笑)

 

------------------------------------------------------------------------

 

調理の手順

 

1)木綿豆腐は重しをのせて水切りしておく。

夏場は冷蔵庫で水切りしておいた方が無難かな。傷みやすいので。

 

2)人参サラダを作って冷やしておく。

この日は旨みつゆベースにオリーブオイルと黒コショウを使った味付けにしたよ。あ

酢はたっぷり使ってね。酸っぱ過ぎない様に砂糖少々も。

 

3)先に麻婆豆腐の下準備だけしておくよ。

豆腐を食べよく切って、

(A・香味用としてねぎ多め、しょうが、にんにくのみじん切りあれば山椒の実のみじん切り少々)

調味料の準備として(B・水または◆スープ、豆板醤、中華ダシの素、酒、醤油、砂糖)

水溶き片栗粉も準備しておくよ。

まずはここまで。

 

4)次に鶏もも、玉ねぎ、を切って少量の水と酒少々で炊いておきます。

玉ねぎがしんなりしてくるまでコトコト炊くと鶏も柔らかくおいしいよ。

◆(ここから出たスープをおたまにひとすくい程とっておいて、あとの麻婆に使いましょ)

旨みつゆ、砂糖少々入れてもうひと煮立ちしたら溶き卵を入れて

ゆっくり二混ぜくらいしたら蓋をして卵とじにしたら出来上がり。

あれば火を止める寸前にネギも散らしましょ。

ちょっと半熟くらいで火を止めておくといいかな。食べるまで蓋をしておきましょう。

 

5)さて、アツアツで食べたい麻婆豆腐を作るよ。

Aを油を入れた熱したフライパンに入れて香りが出たらBの調味料と豚ミンチ、

◆のスープ(又は水)を入れ、

ひと煮立ちしたら切った水切り豆腐、しばらくグツグツ煮て

水溶き片栗粉でとろみをつけたらごま油で仕上げるよ。

本格中華ではないけど、まあまあおいしく出来ます。

途中味見もしてね。

 

さあ!これでどれも出来立て!

麻婆豆腐に親子煮・・・ご飯に合い過ぎ。ごはんがすすむー。(笑)

 


※麻婆豆腐には本格的に「花椒(ホアジャオ)」を使わなくても

小さく刻んだ日本の山椒の実でも十分おいしいよ。

 

山椒の実はさっとゆでて冷水にとり、水けを切ったら冷凍保存も出来るよ。

季節に調味料として残しておくといいね。

おじゃこと甘長唐辛子を炊く時にも重宝するよ。

 

 

 

 

 

 

鶏とピーマン&茄子田楽

 

またまた冷蔵庫整理の日ですよ。(笑)

 

鶏むねとピーマンの炒め物

なすの田楽

マグロのたたき風サラダ

 

マグロのたたきサラダ

 

ちょっと火が入りすぎましたが、安価なビンナガマグロの周りを

フライパンで焼く(又は直火で炙る)なりして中身は半生状態。

氷水で冷やしたらペーパーに包みラップをしっかりして冷蔵庫へ。

 

新玉ねぎの季節だったらオニオンスライスなど含む、生野菜いろいろと合わせて、

オリーブオイルをたっぷりと和風ドレッシングなどかけて1品完成。

 

-----------------------------------------------------------------------

 

料理の手順

 

1)上記の手順でマグロの準備をしておく。

野菜類は冷水にさらしてシャキッと水けをきって直前まで冷蔵庫におく。

 

ドレッシングは食べる直前にね。

 

2)鶏肉、ピーマンの細切り炒めの準備をするよ。

しょうがみじん切り、水溶き片栗粉もこのタイミングで準備しておく。

 

鶏むねを使う時はそぎ切りにしてから繊維と垂直に細切りにすれば柔らか。

ささみ肉なら、どう切っても柔らか。(笑)

 

3)ここまで準備したら茄子いっきまーす。

茄子は半分に切って斜めに切り目を入れたら大胆に油で揚げるよ。

火は強めで色よく揚がったら油を切っておきます。

揚げてる間に田楽味噌を作るよ。

赤みそ、砂糖、みりんは、ほぼ同量よく混ぜてすりごまを混ぜておく。

あとはトースターを使って、アルミ箔に敷いた揚げ茄子に田楽味噌を塗って焼くだけ。

 

4)さあ、△北瓩辰董

トースターで茄子を焼いてる間に炒め物をするよ。

先に鶏肉を炒めて一旦取り出し、続きでピーマンを炒めしんなりしてきたら

鶏肉をフライパンに戻して仕上げにいくよ。

調味料は薄味(中華味系)で、仕上げに水溶き片栗粉とごま油で出来上がり。

 

さあ、どれもいいタイミングで揃ったかな?

お味噌汁、ごはんは炊けてる?

 

ではテーブルにセッティング!

 

茄子はアツアツ〜。揚げてから焼いたおかげで茄子はとろとろウマウマ。

お口の中もやけどに注意してね。(笑)
 

 

 

 

この日はピーマンの肉詰め、かぼちゃの煮物、千切り大根の煮物。

ごくふつーの晩ご飯。

 

合いびきミンチがある・・・ハンバーグだとかんたん!

でも、ちょっとだけ手を加えてみよっか。

 

見た目が違うとレパートリーが増えた気がする・・・気がする。

実際そうよ!

だって、丸めるだけとは違うもんね。

 

ピーマンの肉詰め

 

ハンバーグの種を作って半割ピーマンに詰めてフライパンで焼くだけ。

あれ、結構かんたん!(笑)

 

内側に薄力粉を茶こしでさっと振っておいた方がくっつきがいいかも。

焼くとはがれてきちゃうけどね。ピーマンはよく焼いた方がおいしいよ!

 

焼く時は蓋をして両面焼くよ。

先に肉側を中火で焼いて、焦げ目がついてきたらピーマン側は弱火にして焼く。

 

ピーマンがしんなりしてきたら出来上がり〜!

 

ケチャップとウスターソース、辛子を混ぜたソースをお好みでどうぞ。

 

料理の手順はどれが先でもいいね。

かぼちゃの煮物も千切りの大根の煮物も作っておけるし、

ピーマンの肉詰めも、詰めておくまで準備しておけばあとは楽々〜

 

出来上がったらバットに並べて、ラップをして重ねておけば

冷蔵庫の場所もとらないし準備万端よ!

 

グリーンサラダくらい添えたら、もう家族からの文句はないでしょ。(笑)

 

 

冷蔵庫の中身を軽くしたいけど、メインがねー・・・

あー、どうしたものか。

って日のおかずです。(笑)

 

多分この一言を言われそう・・と思いながらおかずを並べていると

お腹を空かした2男くんが登場。

 

「で、何がメインなん?」

 

出たー、やっぱり言われた。

 

---------------------------------------------------

 

もやしと豚肉の炒め物

さんまの塩干もの

スパニッシュ風オムレツ

茄子の煮物

 

---------------------------------------------------

 

確かにメインらしいおかずはないけど、

何品かあるし許しておくれ〜。

 

オムレツ

 

何度も冷蔵庫を確認しながら考えたわよ、母は。

 

ほうれん草は、おひたしだとボリュームがないからスパニッシュ風オムレツに入れて

ちょっと色味を添えましょ。

 

チーズも散らしましょ。

 

茄子の煮びたし

 

家族皆、ほとんどお酒は飲まないのでおかずっぽい味付けがないとね。

 

この時期のおかずの定番、茄子の煮物は仕上がり前に酢をたらりと回しかけて

甘辛の中にもさっぱりな一品。

 

-------------------------------------------------------------

 

難しくないけど、おかずの手順。(笑)

 

1)茄子はカットして水にさらしてから煮物にします。

水切り後、サラダ油で軽く炒めてすぐに水少々、酒、砂糖、

出汁醤油(めんつゆなど)で煮含めます。

火を止める直前に酢を少々。

 

2)ほうれん草を軽く湯がいてアク抜きします。

すぐ冷水に取って水けを絞る。

(量が多かったので少しお味噌汁にも使いました)

 

3)オムレツの具は何でも!

この時は玉ねぎや、ソーセージなどを切っておく。

もやし炒めの豚バラスライスもついでに切っておこう。

 

4)さんまの塩干ものは頭と尻尾を切ってグリルで焼く準備。

(切らないとかさばるからね)

 

5)さあ!お味噌汁とご飯も炊けて準備はいいかな・・・

ここから一気に仕上げるよ!

 

まずは卵に軽く塩コショウ。

※ここで注意するのは塩加減。

 

ベーコンやソーセージに塩気があるのと、チーズも入れた場合は

これも塩気がプラスされる。

しかも食べるときケチャップを付けることも考慮して味付けしてね。

 

この時は直径26cmのフライパンを使って卵は4個くらい使ったけど、

自信がなかったら少な目でチャレンジしてね。

ひっくり返すのが難しくなるしね。

 

具を炒めて卵全量を入れてスクランブルの様に少し混ぜ、火を通しやすくするよ。

ピザ用チーズも入れちゃえ〜!

蓋をして、頃合いを見てひっくり返して出来上がり。

 

6)サンマもグリルの火をつけて焼くよ。

 

7)さあ!なかなか忙しけど、もやしと豚も炒めます。

切っておいた豚バラスライスをこんがり炒めて脂が出てきたら軽く塩コショウ、

で、もやし投入!

もやしは新鮮なら洗わなくても大丈夫。

洗った場合はしーっかり水気切って。

 

少しガーリックパウダーを振って醤油、ごま油で完成です。

 

この間にサンマをひっくり返しておいたかな?

お腹側から焼いた魚がこんがりしてきたら、焦げ過ぎない様に皮目を焼いて出来上がり。

 

さあ、メインらしきものはないけど(笑)どれもアツアツの出来立てよ〜。

 

 

サンマを一口食べた2男は「うまっ!」

それはよかった!

 

 

 

 


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM