これね、冷たいにゅう麺。

冷たいとにゅう麺とは言えないのかな〜

 

いつものお気に入りだしパックでお出汁をとって、旨味つゆや塩で味を整えたら

粗熱を取って冷蔵庫で冷やしておくよ。

 

 

同時進行で焼きナスも。

ガス直火焼きで焦げるまで丸焼きに。

 

ガス台が汚れるけど、おいしさには代えられない〜

トースターやレンジで作る方法もあるけど・・・

出来上がりは別物。

 

 

焼きナスは皮の水気をふき取った状態でヘタのぐるりに包丁を軽く入れて

中火強で回しながら炙るよ。

 

この、焦げたほのかに香ばしい風味はおいしさに加味されるので

容赦なく焦がしちゃうよ。

それに焦がした方が、皮も剥きやすいしね。

 

しんなりして皮が全体に焦げたら冷水にとって皮を剥く。

冷めないうちに皮を剥きたいので手早く。

熱いので火傷注意。

ヘタを持ちながら時々水につけつつ、皮を剥ぎ取る感じ。

水に浸けすぎてはダメよ。

 

粗熱が取れたら、縦に手で裂いて食べやすい大きさに切ったら出来上がり。

 

ここまで用意出来たらあとはお素麺を湯がくだけ!

 

そのままかつお酢醤油で食べてもいいけど

冷たくしたにゅう麺に添えると、出汁に香ばしさが移っておいしい〜〜!

 

生姜、みょうが、大葉、梅干しなどの薬味を添えると更においしいよ。

 

身体の中からひんやり染み渡るぅ〜

 

 

 

 

たたきごぼう・・・

作ることはあっても年に数回。

私が子供の頃は母が(君のおばあちゃんが・笑)よく作ってくれてたんだけどね。

 

作り方は、とってもかんたん〜!

ただ、そのタイミングの勘どころが難しいかも。

 

 

たたきゴボウは すりこ木などで叩く作り方が多いけど叩きません。

その代わりに新ゴボウやサラダゴボウを使うところがポイントの一つ。

 

皮をゴシゴシたわしで洗って4僂らいに切ったらサッと水で洗って

(太い所は半分又は等分)少し酢を入れたたっぷりの熱湯で湯がく。

 

その湯がき時間が2つ目のポイント。

グツグツっと沸騰しかけたくらいでザルにあげて

(たっぷりの熱湯に入れておよそ1分半くらいかな)

多めの酢、醤油、旨味調味料(味の素など)少々を合わせてボールで和える。

時々ボールをゆすって味を染み込ます。

 

そして冷ます。

 

時々ゆすって完全に冷蔵庫などで冷ましておく。

これ3つ目のポイント。

冷ます間に味が染みておいしくなるの。

ここで味が薄ければ更に調味し直してね。

 

半日くらい置いておくと、ゴボウの食感もよくて味も染みて箸休めにぴったり〜。

3日間くらいは美味しいよ。

 

お好みですりごまを加えてもいいけど

私はあっさりこのままが好みです。

 

 

 

 

 

ほうれん草の和え物の他に青菜を使ったお浸しや胡麻和え。

和え方だけでも美味しさは変わるよ。

 

ここではほうれん草の場合。

ほうれん草に含まれるシュウ酸を取り除きたいので面倒でも湯がく方がベスト。

 

ほうれん草の加熱はレンジで作ればかんたんだけど

シュウ酸を取り除くににはたっぷりのお湯で下茹が基本。

 

※シュウ酸が残っていると食べてアクを感じるし、体内のカルシウムと結合して

腎臓結石が溜まりやすい。

シュウ酸は湯で溶ける為たっぷりの熱湯で下茹ですることで取り除ける。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私の場合ほうれん草を下茹でする時は、まず水洗いして食べる長さに切ってしまい

下茹ですることが多いかな〜。

 

そして根本の砂が落としきれてない事もあるので、下茹で後も水に晒したあとは

ざるにあげるのではなく、手ですくってから水気を切る。

 

案外小さな砂がなべ底に溜まっていたりするから、無くなるまで繰り返す。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

その後、手で水気を絞ったら手でほぐすよ。

うちの場合、塩分控えめにする為にも、ここで酢を入れて和えることが多いわね〜

そして2〜3倍の濃縮つゆや醤油少々で調味。

 

和えるときは箸でなく清潔な手で混ぜるとふんわりおいしくなるの。

 

すりごまたっぷり〜のあとも手で優しく和えて器にふんわり盛り付けましょう〜。

 

たったこれだけの事でも、箸で和えたものよりおいしいはず!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暖冬のおかげで野菜が豊富〜!

 

先日大きな赤かぶがキッチンにドサッと。

買ってきてくれたのはいいけれど・・・

 

げっ!どうするんやー。結構な量!と見つめる私。

 

「葉っぱもぬか漬けにしたらええやん。」と言われたけど

葉っぱまで漬けるのは、うちのぬか床では多すぎて無理でしょ。

しかも食べる前に糠を洗い落とすことも考えると、もはや憂鬱。

 

というわけで、赤かぶで色々作ってみたよ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

まずはお写真の赤かぶの甘酢漬け。

薄く切って軽く粗塩をして混ぜ、数分放置。

水気が出てきたら絞って、ここで塩辛すぎたらさっと水洗いしてもよい。

 

多めの砂糖と酢をよく混ぜて絞った赤かぶをよく混ぜて

保存袋に入れたら空気を抜いて再び冷蔵庫に入れておく。

 

私はいつも目分量で作るので、この時に漬け液を味見して

甘さ、酸っぱさ、塩加減を決めて足りないものを補う感じで味を決めます。

 

冷蔵庫に入れて数時間以降から食べられるよ!

1週間くらいは余裕で日持ちもします。

 

ごはんのおかずにサッパリ系やお漬物が無い時に重宝するし

保存食として作ってみてね。

 

数日すると赤かぶが酢と反応して、自然とこんなに鮮やかになります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

他、作ったものは【赤かぶ葉のふりかけ】

 

下茹でした葉っぱを水でさらしてみじん切りにして

刻んだ油揚げ少々と共に、酒と麺つゆや醤油で炒め煮たもの。

 

サラダ油多めで炒めると旨味もアップ。

好みで仕上げに一味唐辛子でピリ辛にしても。

白ご飯のおともにピッタリ!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【葉っぱだけ即席漬け】

生のまま小さく切った葉っぱに粗塩、砂糖少々、酢多めで大きなボールで

混ぜ混ぜしたらその後、保存袋に入れて空気を抜いて2日ほど放置。

旨味のある即席漬けの出来上がり〜〜。

あー、これも白ご飯のおともにピッタリだわー。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【赤かぶのぬか漬け】

実に切り込みを入れるか、漬けやすく切った赤かぶに軽く塩をして

出来上がったぬか床に入れ漬け込む。

 

数日後からおいしい!

これも・・・白ご飯と〆。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

結果、ごはんに合うものばかりで

白ごはんがおいしすぎる結果になりました。(笑)

 

赤かぶを買ってくれてた本人も満足で、何よりおいしく消費出来て作り手の私も大満足〜!

 

日本の四季と農家さんに感謝!

 

 

 

 

 

 

この時のお鍋の材料は豚しゃぶにしたんだけど人参も使ってみたよ。

 

ピーラーでさっと皮を剥いたら、大きい人参のままピーラーでスイスイ。

薄くて長いのでしゃぶしゃぶにピッタリ〜!

 

えのきも根っこを切り落として長いまま。

白菜は3等分くらいに切ったら繊維に沿って細長く。

 

人参は中心までピーラーでスライスするのは難しいので

中心部分は残しておいていいよ。

しっかりラップして冷蔵保存。

 

炒め物、汁物・・・ちょっと残った野菜って使いやすいし

すりおろしてドレッシングに混ぜてもいいね。

 

人参は年中安価で出回っているのも嬉しいね。

冬は特に濃くて栄養も豊富!

どんどん取り入れて使ってみよう〜!

 

 

 

 

 

 

大きなままの白菜を広げて薄切りの豚肉を重ねる白菜を重ねる・・・繰り返す。

切るのはそれから!

4,5cmの幅に切ったら鍋に切れ目が上になるように詰めておく。

 

ここまでセットして冷蔵庫に入れておけば、夜遅く帰宅してもすぐに火にかけられるしね。

水少々と麺つゆや顆粒だしを入れて蓋をしてコトコト煮たら出来上がり〜!

薄ければ塩少々。

 

白菜がとろりと甘く身体があったまる。

遅い時間でもお腹に優しい〜

 

瑞々しい白菜からは水分も多く出るので

おかずの一品にするなら煮込む時の水は控え目に。

汁物にするなら水は多めに。

 

ついでにこれも!

外側の白菜でこれを作ったら、中側の白菜は即席漬けに。

 

半分売りの白菜を購入する時は底の部分に包丁で切れ目を入れるか

フォークなどで穴をあけておこうね。

長く貯蔵する時に冷蔵庫の中で成長して白菜がはじけてしまうから。

 

え?成長して得した気分?(笑)

 

白菜のおいしい季節!

じゃんじゃん食べて〜

 

 

 

 

 

ニラが3束・・・さて何作ろ。

 

この日は鉄板焼きだし炒め物にもね。

なので箸休め的にニラのナムルとトマトのマリネ(前回記載)を作ったよ。

 

ニラはさっと洗って4〜5cmに切ったら(端っこの軸は5mmほど落としただけ)

熱湯でさっとくぐらせるくらいに数十秒湯がくだけ。

 

ざるにあげて、ボールに入れたら調味料として

酢、旨味つゆ(2,3倍濃縮)

にんにく醤油(ニラがにんにくっぽいので普通の醤油でも十分)

ごま油、あれば豆板醤かラー油などの辛みもプラス。

 

これらを混ぜて食べるまで冷蔵庫に入れ冷やして準備OK~

 

この時は冷蔵庫に人参の使いさしと、きゅうりが半分あったので

人参はニラを入れる前に先に熱湯に入れてさっと湯がき、

その1分後くらいにニラを入れて両方がベストな加熱加減で引き揚げたよ。

 

色見もきれい。

 

 

 

きゅうりは蛇腹にカットして塩をまぶしてビョーンと伸縮するくらいになったら・・・

 

 

小口に切って、これも混ぜちゃうとパリポリいいアクセント。

 

 

3束のうち約1束半をナムルに使ったので残りは洗って水気を切り

袋に平らに入れたら更に保存袋に入れて冷凍。

 

これで炒め物の時に冷凍のままバラバラ崩して使えば便利!

冷凍する時はなるべく平らに空気を抜いて袋に入れてね。

 

ちなみニラは春から初夏までが柔らかくておいしいけど、通年野菜。

栄養価も高く、夏の疲労回復にはもってこい!

 

肉類と炒めて残暑を乗り切ろう〜!

 

 

 

実家からもらったプチトマトは細長いタイプ。

調べてみたら、多分「アイコ」という品種かな。

 

皮もしっかり目なので熱湯に入れて数十秒加熱。

その後、冷水に取ってから丁寧に湯剥きしたよ。

 

時間がある時じゃないとプチトマトの湯剥きは面倒だけど

マリネにするなら避けられないわね。

 

皮を剥いたら酢、塩コショウ少々、砂糖ひとつまみ、旨味つゆ(2倍濃縮の麺つゆなど)

を順に入れて、ひと混ぜしたらオリーブオイルたっぷりと回しかけ

黒コショウもガリガリ挽いて、よーく冷やせば出来上がり。

(この時は種を取り除いたオリーブ漬けを散らしてアクセントに)

 

食べる数時間前に作っておけるし、翌日でも美味しいよ!

 

 

帰省途中のさざなみ街道、山並み、田んぼ、畑側。しかない。(笑)

 

でもね、雲がいろんな表情見せてくれて飽きない・・・

 

 

 

 

夏の空!絵みたいな雲。

 

向かって左向こうの雲にのってみたい〜。と気持ちは彼方へ。

 

 

空も平地も広ーい!

 

 

こちらは帰途に向かう途中。

 

夕日が雲に隠れてたけど、沈んでゆく移り変わりを楽しむ。

 

 

影絵みたい・・・

 

なんてことない風景楽しめました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニラって匂いがあって敬遠してない?

 

さっと洗ってザクザク切るだけ―。しかも使いきれる。

楽ちん〜!

 

ビタミン類、ミネラルなどの栄養価に富む野菜なので是非使ってみてね。

 

炒めたニラに卵とじするニラ玉ならお手軽な一品に。

豚肉などのビタミンB1を多く含む食材と料理すると、更に疲労回復にも!

 

 

そんな炒め物に役立つ「にんにく醤油」。

 

綺麗に洗って乾かした瓶などに、醤油とニンニクを入れて冷蔵庫に入れておくだけ。

数日したら抜群な調味料になるよ。

無くなってきたら追い醤油して足してね。数か月持ちます。

 

一人分ならニンニクひとかけを切って小瓶で作ったらよいからね。

シンプルな炒め物が、ぐーんとおいしくなるよ!

 

かんたん!うま〜い!と出来立てを召し上がれ〜!

 

 

 

暑い日に、冷やしておいしい作り置きおかずはいかが〜?

 

グリルで焦げ目が欲しいところだけど、

かんたんに作りやすくということで、フライパンに

オリーブオイル(サラダ油でもよい)を入れて

しんなり炒め、軽く焦げ目が付いたらマリネ液に漬け込んで完了!

 

マリネ液は二倍濃縮などの市販の濃縮だしつゆに

酢多め、砂糖少々、を加えて先に作っておこう。

 

この時はパプリカと茄子を使ったけど、

最後に紫玉ねぎを水にさらし、水分を絞ってから加え混ぜれば風味も◎

トマトのざく切りやアボカドを入れたり、いろいろ試してみて!

 

 

食べるときに好みで更にオリーブオイルや黒コショウを入れたり、

風味を変えたければごま油でもいいよ。

和風だと大葉を散らしても◎

 

食べるまで冷蔵庫で冷やしておけばOK~

お肉をさっと焼いて付け合わせにも!

 

ちなみに調味液は野菜が絡むほどの量で作ってね。

3倍濃縮つゆなら少し水を入れてもいいけど、玉ねぎやトマト入れる場合は

野菜から水分が出て薄まるので考慮してね。

(この時は追いがつおつゆ2倍濃縮で作ってます)

 

とにかく味見をして、自分の好みの味を見つける訓練!(笑)

 


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM