おいしい牛こま切れがあれば作る牛肉ゴボウ。

ネーミング通り、牛肉多めです。

煮物の部類だけど、ゴボウも肉も炒めたいのでフライパンと蓋を用意して。

 

この時使う牛肉は程よく脂が混じる和牛こま切れだと申し分ないけど

国産の脂が程よく混ざっているものでも可。

肉の風味のよいもので作ると断然おいしい!

 

 

ゴボウはタワシなどで十分水洗いして、ささがきにするか細めの短冊でもよい。

 

くずくずしてると色が変わってくるので手早くね。

水に晒す作業は風味が抜けるのでほどほどに。

私はさっと水にくぐらす程度にしています。

 

そして素早く水を切ったら平皿に入れてラップをしてレンジ加熱。

熱を入れておくと炒め作業も楽だしね。

レンジで出た水気を切ったら すぐに多めのサラダ油で炒めるよ。

 

大よそ炒めたら端に寄せるか一旦取り出して牛肉を焼く。

肉を炒める時は、ほぐしながらフライパンに入れるけど触り過ぎない様に。

(水分がでやすくなるので)

 

ここでゴボウと合わせたら、多めの砂糖、多めの料理酒を絡め、次に麺つゆ等旨味つゆ、醤油で調味。

蓋をして数分水分が無くなるまで煮たら、最後にみりんも加えて甘みと照りをプラス。

 

こういうおかずはしょっぱすぎても×。

砂糖やみりんを上手に使ってね。

 

1回の目の味見はここで!

 

そして粗熱が取れてきた頃に味が分かるので、できれば蓋を開けたまま

フライパンごとしばらく置いてここで2回目の味見。

自分の好みの味になっていればよし!

 

足りなければ醤油や甘みなど追い足して少し加熱する。

 

サブのおかずに使うにはちょっと贅沢な牛肉割合だけど

次の日に食べても、冷めてもおいしいし

ごはんのおかずによく合うのでお弁当にも最適!

 

 

 

 

 

肉豆腐


肉豆腐はいわゆる「すき焼き風煮」というわけで、牛肉とお豆腐をすき焼き風に
グツグツ炊いたもの。

でも、すき焼きほど上等のお肉を使わなくてもいいよ。

----------------------------------------------------------------

牛肉(肉じゃが用などのこま切れで十分、もちろんロースなど申し分なし)

※こま切れといっても、国産又は和牛が好ましい。炊いても美味しい。
 又、赤身だけでなく、適度に脂部分も入っているものを選ぼう)

あれば牛脂(牛肉コーナーに置いてあるのでお肉を買ったらもらっておくとよい)

木綿豆腐(絹やソフトは不向き)材料を揃えた時点で軽く水を切っておく。

砂糖
醤油

(お好みで糸こんにゃくや、野菜など入れるとすき焼き風になります)

----------------------------------------------------------------

今回の作り方は家族4人分で、牛肉と木綿豆腐の他に玉ねぎと糸こんにゃくを
入れています。
その場合、糸こんにゃくは下茹でして適当に切る、玉ねぎは厚めに切っておく)

入れるものは適当に省略、又はプラスしてください。

----------------------------------------------------------------

さっ!今日は強火でガンガン炊くよ〜!(ま、焦げないようにネ)

肉豆腐


まず牛脂を鍋(又はフライパン)に入れます。油が出てきたら玉ねぎを入れます。
(季節により、新玉ねぎの場合は先に入れると溶けちゃいますから後で入れてね)

次に牛肉をほぐして入れます。

肉豆腐

すぐにお肉の上にお砂糖を多めに投入してまぶすように広げます。
(お肉を柔くする効果があるらしい)

肉豆腐

さっとお肉に砂糖がまわったら、
糸こんにゃく、適当に水切りカットした豆腐を入れます。

糸こんにゃくはお肉の横に入れると肉が固くなると言われますが、
下茹でしていますし、それほど気にしなくて大丈夫だと思います。

お肉以外にもさっ〜と砂糖を入れて、全体にお酒をふりかけ、次にお醤油。
水気は豆腐から出てきますから、入れませんが、焦げそうだったら少し入れてね。
多分、最初は様子を見て中火くらいにしていたら水気が出てきます。

肉豆腐

さあ!ここからは強火で炊いていきます。
上等なお肉だとすぐ柔らかくなります。
肉じゃが用のお肉は、よーく炊いても大丈夫。

時々混ぜてあげてね。
お豆腐は柔らかいけど、上下に味が染みるように注意しながら裏返して下さい。

お豆腐が醤油色に近づき、締まってきたらお味がしみている証拠です。

お好みで卵をつけて召し上がれ〜!

炊き上がりの画像は蒸気でくもって、うまく撮れませんでしたが、
熱々をどうぞ。

----------------------------------------------------------------

※おまけ!

人参サラダとほうれん草

この時は人参のツナマヨサラダ、ほうれん草のオリーブ炒めをサブのおかずにしました。

◎人参サラダのマヨネーズ味は、茹でた人参にさっと酢をまわしかけ、砂糖少々、
 マヨネーズ、ツナ缶を入れ、黒胡椒など振って出来上がり。

◎ほうれん草は、さっと下茹でして水にさらしてアクを抜き、軽く絞ります。
オリーブオイルを入れてフライパンでさっと火を通します。
仕上げに味塩コショウ、ガーリックパウダー少々、
更にオリーブオイルを直前にかけて頂きます。

少しだけ、ガーリックパウダーを使うことで味の変化が生まれます。











1

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM