スーパーには沢山のドレッシングが並んでいるけど、じっくり見たことがない私・・・

 

いろいろあって迷いそう〜

しかも結構なお値段で野菜より高くついちゃいそう?

そして最後まで使い切れる?

 

などといらぬ心配。(笑)

 

うちでは買わないけど、先日息子が評判だからと自分の為に買ってきたドレッシング。

ボトル表面のプラ部分を外してみたら、その油の多さにびっくり〜

ほぼ油やん・・・

 

 

お写真はクリームチーズが少し余った時に作ったドレッシング。

レンチンで少し柔らかくして・・・

 

 

 

マヨネーズとヨーグルトを混ぜただけ。

お好みでスパイスなど。

 

くるくる混ぜてみて・・・

うん、もうちょっとヨーグルト入れてさっぱりしよっと!

と、好みで味付けしてね。

 

うちの定番は和風のドレッシング。

 

和風のだしつゆ等利用して、酢、サラダ油。

砂糖、塩コショウ少々

ガーリックパウダーも少々

こんなシンプルな材料を混ぜ混ぜして出来上がり〜。

適当に作ってもおいしい〜!

しかも市販のよく分からない添加物もナシ。

 

もっと簡単に、野菜に直接にだしつゆ、酢、オリーブオイルをかけるだけでもいいよ。

ポン酢&オリーブオイルだと魚介のサラダにも合うね。

マヨネーズ&ヨーグルトは卵入りのサラダにも!

 

難しく考えないで是非自家製で作ってみて〜!

 

 

 

 

娘ちゃんも無事に引っ越しが済み自宅通勤になりましたが、中々の遠さ・・・

ちょっとかわいそうだけど、がんばれ!と心から応援。(が、家にいると小言も多くなる)

 

とにかく暑さもあって食傷気味。

結構同じものや簡単なものを食べてる気がする・・よね。

 

まあ無理して作ることもないし、無理して食べなくてもいいけど

おいしく食べたいね!

 

秋になったらあれを食べよう!これを作ろう!と秋を心待ちにしましょう〜。

 

あれ?へんなブログ内容?

まあ、こんな時もあるさ!(笑)

 

ちなみに今夜は夏野菜のチキンカレーだよ〜ん!

 今、ごはんの支度をしながら思いだしたので即ブログ更新しましょ。

昨日のお皿を温める方法は人数が多いときは有効!

一人分だったら、パスタのゆで汁を寸前に入れて温めてね。

熱湯ゆで汁は、食べ終わるまで蓋を閉めておいて皿を洗うときに役立つよ。
もちろんパスタのソースはヘラで拭ってから洗ってね。
(「そんなことわかってる!」   なら、よろしい〜)


ちなみに今日の晩ごはんはチキンカツの予定。
あとは煮物オンパレードで。
熱々のお味噌汁はもやしとじゃが芋、お揚げにでもしようかな・・・

おっと!かぼちゃが煮え過ぎそう!
では今日のところは退散!



皿

先日娘ちゃんから「明太子パスタを作っておいしかった!」とメールがきました。
丁度うちでも明太子と梅干を使って和風のパスタにしたんだけど、
間違って出来上がりの画像を消去してしまったー。
こんな画像だけ残って・・うぐぅ・・・残念!

で、
何?これ?

はい、大皿に水を少し入れて人数分重ねたものです。
この画像も撮っておいてこれだけ残ってました。

お皿は人数分それぞれに少量の水を入れ、重ねた状態のまま電子レンジで加熱します。

水を温めるの?
いえいえ、お皿を。(笑)

お湯で温めると沢山必要になるので、最小限で温める方法とでもいいましょうか・・・


冬は食器が冷たいのでお料理がすぐ冷めちゃうのがすごく残念。
出来上がりの熱々パスタを食べたい時は、うちではこうして皿を温めて、
拭いてから使います。

熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たく!
美味しく食べられる基本の準備。


※ちなみにこの和風のパスタは明太子、梅干、大葉、海苔、バターと塩コショウで味付け。




 卵は万能!
その中で「卵焼き」は基本に外せない。

あ・・ひとり暮らしを始める時、四角いフライパン持っていかなかったっけ?

まあいいわ。
作り方だけネ。

今日は画像多いよ〜〜!

卵焼き

味付けは、うちの場合は卵一個に対して塩少々(親指と人差し指で軽くつまんだ量)と、
砂糖はティースプーン(小さなスプーン)に擦り切り一杯くらいでしょうか。
やや甘めの味付けです。

この時はLサイズ卵4個使いました。

フンワリ仕上がる様に水も入れます。濃度のある卵が混ぜて軽くなるくらい。
(入れすぎると巻くのが難しい)

それぞれのおうちの味付けで調味してくださいね。

----------------------------------------------------------------

作り方っていうほどではないけど、いっきまーす!


火をつけたら、まずフライパンに多めの油を入れます。
全体に馴染んだら、やや強火のまま卵を流しいれます。

多めに入れたら炒り卵を作る感じでシワシワとこんなふうにして火を通します。

卵焼き

作りながらなので画像ブレブレでごめんなさい。

卵は巻かなくてもいいので、端に寄せます。

ポイントは完全に乾いてから巻くと布団を巻いたような卵焼きになるので
半熟な感じで寄せると◎

卵焼き

はい!
2回目流し込みまーす。
その都度サラダ油を入れてね。

端に寄せた卵の塊を持ち上げたところにも卵液を流してね。

卵焼き

ここからちょっと技量が必要!

向こう側に箸を入れて・・・

左手でフライパンを持ち上げると同時に、ほい!ほい!っと巻いていきますよ〜。

卵焼き

ほら!
卵焼きらしくなってきたよ〜。

火はずっと中火〜やや強火のままです。
火加減は弱めるのではなく、火から遠ざけるなどの作業をして素早く焼きましょう。

火を弱くして焼くとふんわり仕上がらないよ。

うん、結構難しいね。
決して慌てずに、料理人になった気分で余裕を持って作るといいかも。(笑)

卵焼き

卵液がなくなるまで、この作業を続けます。

うちの場合は大体いつも5個前後の卵を使って作るので、
最後は巻くというよりひっくり返すだけの状態になってくる。(笑)
3回くらい流し込んで一気に焼いてしまいます。

この時は鉄のフライパンを使っていますが、フッ素加工のフライパンだと失敗も少なく
作りやすいと思います。


はい!出来上がり〜!

カメラ作業しながらもあって、会心の出来というほどではありませんが(笑)
まずまずふんわり美味しく出来ました。

卵焼きは特にお弁当には欠かせないですね。
私は人のお弁当のどこに1番目が行くかっていうと卵焼き。(笑)
その人のお料理の手際が伺えるからかな・・・

上手に焼けると嬉しいし、おいしいね!













先日帰省した時、「家のお味噌汁が のみたーい!」と言って、
おいしそうに食べてたけど、お味噌汁は野菜を取れるおかずと思って
もう少し重要な位置付けにしてはどう?

お味噌は発酵食品だし、身体にも◎。

1回分で1人分のお味噌汁を作るのは面倒・・・うん、わかるけどね。
まずはお出汁をとって、1食〜2食分のお味噌汁を作ってみる。
翌日にまわしてもいいんじゃなーい。

ダシ入り味噌の場合は炊いた野菜に味噌を入れるだけ。
物足りないけど、かげろうわかめのお味噌汁よりはマシよ。(笑)
ほんだしで、あとから風味つけてもいいし。


お味噌汁は具沢山にして、豚バラスライスを入れたら豚汁にもなるよ。
翌日、うどんを入れて味噌煮込みうどんも出来るね。

大きめに切った野菜をお出汁で炊いたら煮物になるけど、
しっかり味をつける前に半分だけとっておいてお味噌を入れれば、
たっぷり具沢山のお味噌汁になるわけで・・・

がぶらの漬物

季節のカブを使ってどう?

カブって柔らか・・・葉もおいしいの。
葉は早めに食べないと黄色くなっちゃうので気を付けて。

カブはお出汁の中で油揚げと炊いてもおいしいよ。
大根のように下茹でも必要ないし、すぐ柔らかくなるよ。

小ぶりなカブなら、3つが束になって150円〜200円くらい。
油揚げと煮物、味噌汁、浅漬け、クリームスープにも合うよ。

浅漬けの場合は、もむだけで柔らかくなります。
ポリ袋でも、ボールの中でもいいので、塩、砂糖少々、酢を入れてモミモミ。
サラダ感覚で食べられるよ。

クリームスープ風なら、ひたひたのお水でカブを柔らかく炊いてコンソメを入れ、
牛乳多めにして水溶き片栗粉(水と片栗粉同量くらい)でとろみをつけ、
バターで風味付け。
十分おいしい!

これからの季節は、汁もの、スープものでほっこり〜〜。






シンプルなおにぎりは、本当においしいと思う。
私の得意料理?(笑)

何もない時に、具沢山のお味噌汁と共に食べれば十分なボリューム。

おにぎりを握るのはギュッギュッとにぎればいいもんじゃない。
空気を含ませるように握るとおいしい。

ご飯は炊きたてを少し冷ましたくらいがベスト。
欲をいえば柔らかめのご飯より、若干水を控えめにした炊き上がりのご飯の方が
おいしく出来るよ。

ごはんが温かいうちに手水と塩をつけて、ほわっほわっ♪〜って、リズミカルに。

具を入れるときは、ごはんを手に取って広げた上に具をのせて、包み込むように握ります。
上手ににぎるとご飯粒は手につかないよ。

塩は食塩というよりは、粗塩などミネラルの多いものがとがった味にならず、
ごはんの味がよくわかる。

ごく一般的な「伯方の塩」とかネ。
白飯おにぎりっていうだけでもおいしいも〜ん!


慣れてくるとごはんの量も手で分かる様になって、ほぼ同じ大きさに
にぎれるようになります。

私は何種類かの具のおにぎりを作るときは、こうやって中の具を少し上にのせて
わかるようにしておきます。

家族に何度も尋ねられなくて済むしね。(笑)


お弁当箱に入れるときはこんな形にすることが多いかな・・・



マヨネーズで和えたツナを入れる時は、こんな形がいいかな。
ハンバーグを挟むみたいにサンドして握ります。


おにぎり海苔は細長いのが売ってるけど、こんな焼き海苔だと袋の上から折り目をつけて
切っちゃいます。
山折谷折りをして、もう一度逆に山折谷折り。
これで簡単!

ハサミで切るのは面倒だし、海苔のクズが出るのも嫌だし・・・
って、こんな事を面倒がる母です。(笑)


こうしてテーブルの上に置いておけば、いつの間にかなくなっていくおにぎり。

気候のいい秋だし、外で食べるおにぎりも又格別だわね〜。

いつ食べてもおいしいもんねー。
おにぎりって。

あー、お夜食に食べたくなってきたけど、がまんがまん。







 お肉を扱う時の注意点

主に牛肉、豚肉、鶏肉
そして、それぞれをミンチにしたひき肉。

焼く時はフライパンに油を引いて熱してからが原則です。

焼いている最中はあまり触らないこと!
特にお肉を入れた最初の面はフライパンに入れてから、少しがまん!
やや強火で美味しい焦げがつくまで裏返さない。
この間に塩コショウを少々。あればブラックペッパーなども。

早くから触るとお肉から水分が出て旨みも減っちゃうよ。
臭みも出たりなんかするしね。
やはり輸入のお肉ではなく、国産がおすすめ。

厚めの豚肉と鶏肉はよく火を通そう。

3種類のお肉の中で、鶏もも肉はちょっと面倒。
筋を取ったり、余分な油を取ったり、お肉が縮むので切れ目を数箇所入れたほうがいい。
焼き方は皮目から焼いて裏返したら蓋をして中までじっくり火を通そう。
最後に蓋を開けて再び皮目を焼くとパリっと皮が焼けて美味しいよ。
鶏肉はお肉が縮んでくるので、フライ返しや箸で抑えながら焼くと皮がよく焼けます。
とにかく縮みますから切れ目(皮でない身の方に)を大胆に入れてね。

ちなみに鶏ささみと、胸肉は淡白です。ポン酢で食べたりフライ物にも合う。


豚と牛は、割合スライスしたもの、焼肉用などあらかじめカットしてあります。

牛肉・・ロースはすき焼きやサッと焼いて焼肉。
    牛ももにくは油が少なくさっぱり目。焼きすぎると固くなる。
    お肉だけさっと焼いて食べるといいけど煮込みには不向き。
    野菜と炒めてもいいね。
    バラは焼肉用には油が多いです。

豚・・・ロースは薄切りだと鍋用や炒め用に。厚切りだと、とんかつ等。
    ももは炒め用、煮込み用が主。
    バラ薄切りは、鍋、炒め物、煮込み。ブロックは角煮などの煮込みによい。

手間も時間もかかるおかずは毎日だと大変。
メインは焼くだけ、サブメニューは冷奴など、忙しい時の負担を軽減出来るようにする事も
自炊を長続きするコツかな。

今日は美味しいお肉でも買って焼いてみて!

塩コショウだけでも美味しいし、ポン酢をかけても・・・
焼肉のタレをかけたらご飯もすすむ。
野菜も一緒に炒めるときは、水分が出てくるので別々に炒めたほうが無難かな。

いろいろ工夫してみてね。





さて、昨日のおさらいです。
ごはんを炊飯器なしで炊きますよ。

--------------------------------
お米3合
水550ccは計量カップでしっかり

ガラス蓋付きの18cmステンレス鍋使用
--------------------------------

お米を3合入れて洗米します。
1回目はたっぷりの水でサッとひと混ぜしてすすぎます。
2回目からはお米を研ぎ、3,4回水を替えてほぼ綺麗になったら終了。
ザルに一旦あげます。水をよく切って

お米を水に浸けます。

鍋に先ほどの水をしっかりきったお米と水550ccを入れて、
夏場は30分程度、冬場は1時間程度と言われるけど、まっ適当で。

さ!ここから炊くよ。(火力は0〜6と考えた場合)

まず強火に(君の火力なら「5」)
ガラス蓋がコトコトして吹きそうになったら弱火「1」にする。
その間何度も吹きそうになったら一瞬蓋をあける作業をしてね。
更に水分がなくなってきたらその半分の「0,5」の火力で。

さあそろそろ耳を澄ませて・・・ミシミシいってきたよ。
もう少しのがまん!ここが見極め!
よし!火を消す。
上手に炊けてたら焦げないよ。

IHコンロの場合は余熱が残る場合があるので、鍋を移動させて
約10分程度蒸らします。

できあがり!底から混ぜて。
美味しく炊けたかな・・・

食べない分は粗熱がとれたらふんわりラップして、冷めたら冷凍保存してね。
大きさは揃えておくと片付けやすいけど、
バラバラにしておくのも、その日の気分で食べられるよ。

水につける時間を除くと、炊く時間は10分、蒸らし10分。
炊飯器を使わないと、こんなに早く炊けます。
しかも美味しい〜!

1

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM